口座振替について

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

便利・確実・安全です。口座振替

 一度ご契約いただければ、あなたの指定した口座から自動的に納税できる便利な制度です。


・納期ごとに金融機関などへお出かけいただく手間がなくなります。
・うっかり納め忘れることがなくなります。
・納税のために現金を持ち歩く必要がなくなります。

お取扱いできる市税等

固定資産税・都市計画税、市県民税(普通徴収)、市県民税(特別徴収)、軽自動車税、国民健康保険税、介護保険料、保育料、児童クラブ負担金、清掃手数料(し尿汲取)、葛西用水路組合費、後期高齢者医療保険料

取扱金融機関等

  ●みずほ銀行
  ○三菱東京UFJ銀行
  ○三井住友銀行
  ○りそな銀行   
  ●埼玉りそな銀行
  ●常陽銀行  
  ●武蔵野銀行
  ●千葉銀行  
  ○東京都民銀行
  ○三井住友信託銀行
  ●栃木銀行
  ●埼玉縣信用金庫
  ○青木信用金庫
  ●朝日信用金庫
  ○東京東信用金庫
  ●亀有信用金庫
  ●足立成和信用金庫
  ●城北信用金庫
  ●中央労働金庫
  ●さいかつ農業協同組合
  ●ゆうちょ銀行、郵便局(全国)

※市県民税(特別徴収)については、●印の金融機関のみの取扱いとなります。

申し込み方法

(1)金融機関からの申し込み

1. 口座振替依頼書に必要事項を記入・押印する。
2. 納税通知書・通帳・通帳の届け印を持参し、金融機関の窓口へお申し込み下さい。
※口座振替依頼書(金融機関申込用)は、市内の金融機関、ゆうちょ銀行・郵便局、市役所(関係課)に備えております。
※金融機関によって手続の日数が異なりますので、余裕をもってお申し込み下さい。

◎ 口座振替を指定する預金口座は、納付義務者ご本人名義のものに限ります。
(ただし、国民健康保険税・清掃手数料・保育料・児童クラブ負担金・介護保険料は、この限りではありません。)
◎軽自動車税は、所有している全車両が対象になります。

その他

◇振替(払込)日は、各税目等の納期限です。預金残高が税額等よりも少ない場合は、引き落としができませんのでご注意ください。
◇口座振替(自動払込)の申し込みは翌年度以降も継続します。ただし、次の場合は継続されません。
・相続や贈与、持分の変更等により資産の所有者(共有名義も含む)に変更があった場合。【固定資産税・都市計画税】
・保険証の番号や世帯主が変更になった場合。【国民健康保険税】
・保護者が変更になった場合【保育料/児童クラブ負担金】
・申込後、市外へ転出し、再転入した場合。

お問い合わせ・郵送先

三郷市役所 収納管理課 管理係まで
連絡先 管理係直通 048(930)7710
  〒341-8501
   三郷市花和田648番地1
   048-953-1111(市役所代表) 


◎約定事項(金融機関)

(1)三郷市から貴店に、私が納めるべき市税等の納付請求があったときは、次により納期限において指定預金口座から三郷市の納入口座に振替納付(自動払込)してください。
(2)前項の手続きについては、当座勘定取引約定書または普通預金約定にかかわらず小切手の振り出し、または普通預金通帳及び同払戻し請求書の提出などはいたしません。ただし、ゆうちょ銀行をご指定の場合には、自動払込規定が適用されます。
(3)振替(払込)日において、預金口座が残高不足等の理由により納付ができなかった場合は、私に通知することなく処理されても異議ありません。
(4)この口座振替(自動払込)納付を変更又は廃止するときは届出ます。なお、この届出がないまま、長期間にわたり三郷市から請求がないなど相当の事由があるときは、特に申し出をしない限り、この口座振替(自動払込)による納付を取り消されたものとして取り扱って差し支えありません。
(5)この取扱いについて、仮に紛議が生じても貴店の責によるものを除き、貴店に迷惑をかけません。

◎約定事項(三郷市)

(1)口座振替申込書・自動払込利用受付通知書のとおり納付します。
(2)この口座振替(自動払込)申込みについて、変更又は廃止をするときは、金融機関を経て届出します。
(3)三郷市が相当の事由により必要と求めた場合には、この口座振替(自動払込)の納付を取り消されても異議ありません。
(4)この取扱いについて、仮に紛議が生じても三郷市の責によるものを除き、三郷市に迷惑をかけません。

◎注意事項

(1)手続きは、三郷市の指定する金融機関の本店及び支店、全国のゆうちょ銀行・郵便局の窓口で取扱いいたします。(ただし、葛西用水路土地改良区賦課金については、ゆうちょ銀行・郵便局からの自動払込はできません。)
(2)口座振替(自動払込)の申し込みは翌年度以降も継続しますので、年度ごとの手続きは必要ありません。ただし、次の場合は継続されませんので、改めて申し込み下さい。
※相続や贈与、持分変更などにより資産の所有者(共有名義も含む)に変更があった場合(固定資産税・都市計画税)
※保険証の番号や世帯主が変更になった場合(国民健康保険税)
※保護者が変更になった場合(保育料/児童クラブ負担金)
※申込後、市外へ転出し再転入した場合
(3)口座振替(自動払込)の方法による納付を申し込みされた場合、必ず、通知書番号等と開始年度、期(月)分を記入してください。
※開始期(月)を希望する各納期限の50日前までに、申込書を直接、金融機関の窓口に提出してください。提出が間に合わなかった場合は、次の納期分から振替になるときがあります。
(4)口座振替(自動払込)の方法による場合の振替結果(口座振替済通知書)は、年度末に希望者にのみ1年分まとめて送付いたします。送付を希望する場合は、各担当課へお申し出ください。(ただし、保育料、児童クラブ負担金は除きます。)
(5)振替日は各納期限の日です。口座残高が税額等よりも少ない場合は、引き落としができませんので、振替(払込)日前日までに口座残高をご確認ください。
(6)振り替えできなかった場合は、振替(払込)日から約10日後に納付書を送付しますので、金融機関の窓口で納付してください。この場合、税額により延滞金が加算されることがありますのでご注意ください。なお、未納の場合、納期限から20日前後に督促状が発送されますが、三郷市が納税を確認することが出来るまで10日程度かかることがありますので、行き違いに納付された場合はご容赦ください。
(7)振替日の間近に課税額の変更が生じた場合、事務処理の都合により変更前の税額で引き落すことがありますのでご承知ください。
(8)残高不足や使用がない等により口座振替できない期間が続く場合は、口座振替の方法による納付を廃止する届出がなくても、取扱いを取り消すことがありますのであらかじめご承知ください。
(9)還付金が生じた場合は、原則として、指定口座に振り込みいたします。
(10)廃止届けがあった場合は、市から改めて納付書を送付します。