三郷市母子愛育会

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

愛育会とは

 近所のみなさんへの「声かけ」「見守り」を通して、赤ちゃんからお年寄りまで地域の人々すべてを対象に、健康づくりのお手伝いをしている自主的なボランティア組織です。「声かけ」と「話し合い」を繰り返すことにより、生活に根ざした健康問題を解決できるよう努めています。地域のニーズに合わせた活動を行い、健康で住み良い「まちづくり」を目指しています。
平成26年度は、彦成・早稲田・東和西・東和東・高州・新みさとの6地区、班員160名で愛育班活動を行っています。


地区活動紹介へ
(上の文字をクリックしてください)

活動内容

声かけ・見守り
 近所で出会った方に声をかけたり、お宅を訪問して日頃の様子にお変わりがないか、見守っています。こうした活動をもとに、地域状況に応じた健康づくり、病気の予防について班員で話し合っています。
 三郷市母子愛育会の活動を皆さんにお伝えするために毎年会報誌「おとずれ」を毎年発行しています。

話し合い(班員会議・分班長会議・班長会議など)
 定期的に会議を開いて、活動の報告や地域の情報をもとに、身近な健康問題について話し合い、学習しています。

研修・講話への参加
 班員研修や子育てに関する研修・講話などに参加し、新しい情報を得て、日々学びを深めています。

市と連携・協力している活動
 乳幼児健診のお手伝いや、健康づくり教室など、市と連携・協力し、地域の皆様の健康づくりを推進しています。
(1)乳幼児健康診査未受診者訪問
(2)こんにちは赤ちゃん訪問
(3)フッ化物塗布事業
(4)地域の健康づくり教室
(5)健康チェック推進活動

他の組織・団体との連携・協力
 市内の子育て支援ネットワーク(Miko∞ねっと)に参画し事業開催したり、様々な組織・団体と連携・協力し、活動しています。

<愛育班活動とプライバシー保護>
・愛育班員として地域の方とお話しした内容は、たとえ世間話のようなことでも、ほかの人には話しません。また無理に聞き出すことはしません。
・声かけや訪問の結果、保健師や福祉関係者の支援を得たほうがよいと感じる時でも、ご本人の意志を尊重します。
・宗教・政治活動や特定の利益を目的としての活動は、「愛育班」活動の中には持ち込みません。


班員募集中

 愛育班では班員を募集しています。地域をもっと良くしたい、健康づくりの手伝いをしたい、と考えている方、一緒に愛育班活動をしてみませんか?
 まずは自分の健康づくりから、家族、地域の健康づくりへと広げていきませんか?

 

連絡先

三郷市母子愛育会  会長 清水 サダ子  Tel 048-955-3657



三郷市母子愛育会設立60周年記念式典


 平成26年7月16日(水)市役所7階大会議室におきまして「三郷市母子愛育会
設立60周年式典」が挙行されました。
日頃の愛育会活動、保健推進活動、愛育会育成等に積極的にとりくみを頂いております皆様方にご臨席いただき、60周年という大きな節目をお祝いさせていただくことができました。
 記念講演には恩賜財団母子愛育会愛育推進部長の大場エミ先生により「今・愛育
班活動は重要性が増しています」のテーマで講演いただきました。
アトラクションとして班員の「手記発表」・「寸劇」を披露し、手作りのあたたかい式典
となりました。
 愛育班員一同こころをひとつに、これからも愛育班活動を楽しく元気に続けていこう
と新たに決意した1日でした。

マタニティマーク

 マタニティマークは、埼玉県母子愛育会の作品が全国統一マークに選ばれました。