東日本大震災における三郷市の取り組み

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

 

東日本大震災により福島県広野町などからの被災者を受け入れていた瑞沼市民センター内の避難所が、被災者のみなさんが福島県内や三郷市内に移動したことから8月2日(火)閉所しました。閉所式では、福島県広野町山田町長から感謝の言葉が述べられました。

避難所の看板を取り外す様子。 市内に転居されたご家族を激励
避難所の看板を取り外す様子
ありがとうございました(左:山田町長)復興をお祈りしています(右:木津市長)
市内に転居されたご家族を激励

2011年8月2日

2011年5月23日 二次避難所へ移動

約180人の避難者の内130人ほどの避難者の皆さんが、いわき市の2次避難所へ移動することから、5月23日(月)、ボランティアや各種団体のみなさんも参加して見送り式が行われました。
握手する木津市長と町議会議員 復興への願いを込めた千羽鶴を受け取る山田町長
避難者を代表してお礼を述べる鈴木町議会議員 復興への願いを込めた千羽鶴を受け取る山田町長
ボランティアや各種団体のみなさんとの別れを惜しむ バスを見送る木津市長
ボランティアや各種団体のみなさんとの別れを惜しむ バスを見送る木津市長

2011年5月23日

やさしく声をかける両殿下 5月7日(土)、皇太子殿下雅子妃殿下が瑞沼市民センターを御訪問され、東日本大震災による福島第1原子力発電所の事故で避難している福島県広野町の住民をお見舞いされました。

 両殿下は約2時間にわたり木津市長の案内で避難所をめぐられ、「大変なことでしたね」「津波には遭わなかったですか」などと、丁寧に声をかけられました。





2011年5月7日

2011年5月5日 こどもの日

こどもの日お菓子パーティ子どもたちの遊び場4階プレイルームで、お菓子パーティが開かれました。






こいのぼり

2011年5月5日

支援物資の毛布を整理をするボランティア広野町のみなさんが今後の避難生活に利用できるように支援物資をボランティアのみなさんのご協力で整理しました。









2011年4月24日