三郷市タイトル city of misato official web site かいちゃん&つぶちゃんイラスト

事務事業 評価結果の公表
集団資源回収推進事業 集団資源回収推進事業


1.総合計画における位置づけ、担当課等
担当部 環境経済部 担当課 クリーンライフ課
開始年度 昭和54年度 終了年度 なし


2.事務事業の目的、概要等
事務事業目的及び概要 市民一人一人の協力と理解を得て、団体に所属する家庭内から出された古紙を回収し、古紙リサイクルを促進し、ごみの減量化と資源化を図る。 集団資源回収団体登録をした市内の町会、自治会、子供会、PTA、及び市と協議の上登録を認めた団体が対象。 収集対象品目は新聞・雑誌・ざつがみ・ダンボール・牛乳パック・布類。 収集量に応じ集団資源回収登録団体にの買上金を支払う。
対象(何を、誰を対象として) 集団資源回収団体登録をした市内の町会、自治会、子供会、PTA、及び市と協議の上登録を認めた団体。
手段(実施方法、サービスの内容等を簡潔に) 登録団体が集めた資源古紙を業者委託により収集・再生する。また、紙の詳細な分別方法を登録団体主催の会合等で説明するごみ減量説明会の開催、環境フェスタでのブース出展による呼びかけ、ごみ・資源物の分け方・出し方パンフレットの発行(全戸配布)など、可燃ごみからの資源分別をより徹底するための啓発活動を行う。
目指す成果(対象をどのようにしたいのか) 市民のごみ減量とリサイクル意識の高揚。
可燃ごみ・古紙類の排出量減量及び古紙類の収集率増加。


(単位:千円)
3.事務事業にかかった費用
歳出(使ったお金)
  H23決算
(1)人件費 3,200
(2)人件費を除く事業費 24,522
総事業費(合計) 27,722
歳入(お金の出所)
  H23決算
(1)特定財源(国・県支出金、市債、その他) 0
(2)市の実質負担額 (=総事業費−特定財源) 27,722


4.平成23年度 事務事業実績の概要

事業の成果
ごみの減量化と資源の有効活用という直接の効果とともに、コミュニティの醸成につながる副次的効果もある。
主な指標









指標名 集団資源回収量
単位
最終目標値[a] 5000.0
年度 H23
単年度計画値[b] 5000.0
単年度実績値[c] 3896.2
単年度達成率[c/b=d] 77.92%
指標値の算定・把握方法 単年度計画値〔c〕:H20年度計画値は5,800tであったが最近の収集量を見てみると減少傾向にあるよって5,000tに設定した。
単年度実績値〔d〕:過去5年間(H15〜H19)の平均値
計画値・実績値の推移の説明 平成22年度量4045.5t(22年度比−3.69%)と減少傾向にある。
平成23年4月9日に開催した実施団体との意見交換会では、トラックの確保及び住民の高齢化により困難であるとの意見があり、主要な原因かと思われる。


5.平成23年度 事務事業の事後評価
評価課題 評価項目 評価 判定理由
妥当性
総合計画、個別計画に基づいているか (A:基づいている B:概ね基づいている C:基づいていない) A 第2節 1快適環境の創造
市が事業主体である必要はあるか (A:必要がある B:検討の余地あり C:必要性が低い) B 有価物の収集を団体が行い、直接業者が買い取る手法も考えられる。
事務事業に対する市民ニーズ (A:高い B:普通 C:低い) A 有価物の買上金が団体の貴重な財源となっている。
有効性
活動指標は達成できたか (A:目標以上に達成された(100%以上) B:概ね達成された(70%〜100%未満) C:目標以下であった(70%未満)) A 広報掲載を行った。
成果指標は達成できたか (A:目標以上に達成された(100%以上) B:概ね達成された(70%〜100%未満) C:目標以下であった(70%未満)) B 78%
市民の満足度はどうか (A:満足している(70%以上) B:概ね満足している(40%〜70%未満) C:満足していないまたは不明) A 平成23年4月9日に行った団体との意見交換会の意見であった。
効率性
事業の実施手順や費用対効果を把握・検証し、効率化に向けた取組みを行っているか (A:行っている B:余地が無い C:行っていない) C 団体の取組みの温度差・買上金・売払い金額・対象品目等制度全般においての検証が必要であるが、23年度は行えなかった。
他の事務事業との統合は可能か (A:不可能 B:検討の余地あり C:可能) B びん・かんについて行政回収を行っているが、集団資源回収によって対応している市がある。(流山市・一般廃棄物収集運搬業務)
民間活力の有効利用によるコスト削減の余地は無いか (A:無い B:検討の余地あり C:ある) B 直接業者が買い取る場合に考えられる。
その他
市民参加・協働に向けた取り組みを行っているか (A:行っている B:余地はない C:行っていない) A 市民団体・行政・業者の連携により目標達成が成り立っている。


6.事務事業の今後の方向性
   方向性 所見
部長・副部長評価 C:改善・見直しのうえ継続 家庭から、古紙等が焼却ごみに混入しないように、ごみの減量化と資源化を図る必要がある。 今後ともごみを出す市民の方の認識を深めるために、改善や工夫が必要である。
課長評価 C:改善・見直しのうえ継続 焼却ごみに古紙等が混入しないように、集団資源回収を実施している家庭から出される古紙等を回収し、リサイクルを促進しながら、ごみの減量化と資源化を実施する。 今後は、取り扱い品目の増加を図りながら、集団資源回収を活性化していきたい。