資産税課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

認定長期優良住宅の場合、固定資産税が軽減されると聞きましたが、どのような内容ですか?

認定長期優良住宅に関する固定資産税減額措置について

 長期にわたって良好な状態で使用される構造等を備えた良質な住宅の普及を促進するため、新築住宅のうち「長期優良住宅の普及に関する法律 (平成21年6月4日施行)」の規定に基づき認定
された住宅に対しては固定資産税の減額の措置があります。


   【対象となる家屋の要件】 
       次の全ての要件を満たす住宅であること。 
      ○「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に規定される認定長期優良住宅
      ○平成21年6月4日以降に長期優良住宅の認定を受けて新築された住宅
      ○住宅部分の床面積が50平方メートル(賃家住宅については40平方メートル)以上280平方メートル以下であること。
      ○住宅部分と住宅以外の部分がある場合(併用住宅等)は住宅部分の割合が全体の
       床面積の2分の1以上であること。
  
   【減額内容】
      1戸当たり120平方メートル(併用住宅の場合は住宅部分)、2戸なら240平方メートルを超えない範囲におい
     て、当該家屋にかかる固定資産税が2分の1に減額されます。
      ※都市計画税は減額の対象とはなりません。

   【減額期間】
      ・ 一般の認定長期優良住宅(木造及び2階建以下の非木造家屋)
        →新築後5年度分
      ・ 3階建以上の中高層耐火住宅
        →新築後7年度分

   【手続きの方法】
      「長期優良住宅認定通知書」の写しと「認定長期優良住宅に対する固定資産税減額申告
     書」を市役所(資産税課)に提出してください。(申告書は資産税課に用意してありますが、
     ダウンロードすることもできます。)


      ・申告書ダウンロード

更新情報