予算に関すること

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

平成19年度当初予算の概要

平成19年度当初予算の概要

平成19年度三郷市一般会計当初予算額は、306億3千万円となり、前年度より8億5千万円(△2.7%)のマイナスになります。

税制改正に伴い市税収入が増となる一方、地方交付税の減や公債費の増加などで厳しい財政運営が続く中での予算編成となりました。

歳入では、三位一体の改革による税源移譲や定率減税の廃止で個人市民税が大きく伸びました。その一方、地方交付税の減や本格的な税源移譲に伴う所得譲与税の廃止、定率減税の廃止等に伴う地方特例交付金などが大きく減少しました。

歳出では、義務的経費を除いた経費から削減対象経費を絞り込み、徹底した歳出の削減を行いました。特に人件費において、特別職及び職員人件費を削減しました。また、過去の市債の償還・利払いにあてる公債費も増えています。さらに、普通建設事業費の抑制に努める一方、安心安全なまちづくりのための事業や三郷中央地区のまちづくり誘導事業、ごみの減量化・資源化を進めるための経費、子育て支援の充実、児童生徒の尊い命を守るための経費等については、積極的な予算措置をしています。

厳しい財政状況の中、市民の日々の生活に直接的に関係するような事業については、できる限り大きな影響が出ないよう配慮した予算編成を行いました。

ダウンロード
一般会計予算書 新規拡充事業
予算説明書総括 予算説明書歳入
予算説明書歳出 給与費明細書
債務負担行為に関する調書 地方債に関する調書
市税の推移 地方債残高の推移
基金残高の推移