予算に関すること

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

平成18年度当初予算の概要

平成18年度当初予算の概要

平成18年度三郷市一般会計当初予算額は、314億8千万円となり前年度より36億4千万円(△10.4%)のマイナスになります。その主な要因は、前年度に土地開発公社経営健全化に伴う総合運動場用地取得事業費約34億6千万円があったための減です。

歳入では、市税で新たな都市計画税の導入による増収及び景気の回復傾向等にともなう市民税(個人・法人)の増収を見込んでいますが、三位一体改革により、特に地方交付税と臨時財政対策債の減が大きくなっています。また、基金繰入金では、財政調整基金を大きく取崩し、財源を確保いたしました。

歳出では、前年度に引き続き義務的経費を除いた経費から削減対象経費を絞り込み、5%から10%の削減枠を各課に示し歳出の抑制を図りました。

一方、つくばエクスプレス関連整備事業を含む三郷中央地区整備、インターA地区関連事業をはじめとする市の最重点施策や生活基盤に係る整備、扶助費等の福祉予算、教育環境の充実に係る経費等については、積極的な予算措置をしています。

一般会計予算のほか、上水道事業特別会計を除く4特別会計を加えた総額は、583億8,254万円になりました。

ダウンロード
当初予算の概要
予算説明書総括 一般会計予算書
予算説明書歳入 予算説明書歳出
給与費明細書 債務負担行為に関する調書
地方債に関する調書 市税の推移
地方債残高の推移 基金残高の推移