災害に対する備え

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

水のくみ置きの方法

いざという時の災害に備えて、ご家庭での水のくみ置きをおすすめします。

●保存する量

 1人1日3リットルとし3日分を目安に備えておくことをお勧めします。


●保存方法

(1)ふたが閉まる容器(ペットボトルや口の小さい水筒など)を用意し、中を良く洗浄し清潔にします。

(2)手を良く洗い、蛇口から直接、容器からあふれる状態まで水道水を注ぎ、空気に触れないようにふたを閉めます。

(3)マジックなどで日付を書き、直射日光が当たらない冷暗所(冷蔵庫など)に保存します。

(4)塩素の殺菌効果が持続できる3日を目安に保存し、過ぎましたら風呂や洗濯などの生活用水としてご利用ください。


●注意すること

○煮沸をしないでください。(塩素が蒸発し殺菌効果が無くなります)

○浄水器には塩素まで除去するものもありますので、蛇口から直接注いでください。