契約課(入札・契約情報)

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

技能労働者への適切な賃金水準の確保について

技能労働者への適切な賃金水準の確保について

 

国土交通省におきましては、公共工事の品質確保とその中長期的な担い手の確保・育成には適切な水準の賃金の支払いが極めて重要であることに鑑み、平成28年2月から適用する公共工事設計労務単価を本年度当初の公共工事設計労務単価と比較して全国平均4.9%上昇となる公共工事設計労務単価(新労務単価)を決定しました。

本市におきましても、この新労務単価等を予定価格の積算に適用することにより、適正な価格での発注による技能労働者等への適切な賃金水準の確保並びに社会保険等の加入促進を図り、公共事業の適正な執行に努めているところです。
つきましては、関係者皆さまにおかれましては、この趣旨をご理解いただき、適切な対応に努めていただくようお願いいたします。

 

(1)適切な水準の賃金支払いについて

公共工事設計労務単価の上昇が技能労働者の水準の上昇に結びつくよう努めて下さい。また、下請契約を締結する場合は労働者への適正な賃金の支払いを下請業者に要請してください。

 

(2)社会保険等への加入の徹底について

法令上の義務として社会保険等に加入するとともに、下請契約を締結する場合は、標準見積書の活用等により法定福利費を内訳明示した見積書の提出を促すとともに、社会保険料相当額(事業主負担分及び労働者負担分)を適切に含んだ額による下請負契約を締結してください。また、技能労働者に社会保険料相当額(労働者負担分)を適切に含んだ賃金を支払い、労働者を社会保険等に加入させるよう下請業者に指導してください。

  

技能労働者への適切な賃金水準の確保について(国土入企第12号)[PDFファイル ]


info水道部の入札情報につきましては、
水道部のページをご覧ください。



更新情報