高齢者等SOSネットワーク

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

事業概要

 日常的に所在不明になるおそれのある高齢者等が所在不明になった場合に、高齢者等を早期に発見するための関係機関の協力体制を整備し、もって高齢者等の安全確保及びその家族等を支援します。

三郷市高齢者等SOSネットワーク要綱

対象になるかた

対象者は市内に居住実態のある下記のいずれかに該当するかた
 (1) 40歳以上の若年性認知症及び認知症高齢者と診断されたかた
 (2) 所在不明になるおそれのある障がい者
 (3) 市内介護サービス事業者で介護保険サービスを利用しているかた  等

事業の流れ

<事前準備>
①ご家族様等が、対象者の「SOSネットワーク登録票」及び「SOSネットワーク登録台帳」をふくし総合支援課へ提出します。
②登録手続き完了後、ふくし総合支援課から送付された布シール(24枚)を、対象者(以下、「登録者」とする)の衣類や持ち物に貼り付けます。

<登録者の行方不明事案が発生した場合>
①ご家族様等がSOSネットワーク事務局へ登録者が所在不明になったことを連絡します。
②SOSネットワーク事務局から、協力事業所へ登録者の情報をメールもしくはFAXで送付します。
③協力事業所は業務に支障のない範囲で登録者を探します。
④発見後、SOSネットワーク事務局からご家族様に発見された旨を連絡します。

<QRコード付き布シールを貼った登録者が発見された場合>
①発見したかたが、登録者のQRコード付き布シールのQRコードを読み取ります。
②発見したかたが、携帯電話やスマートフォン、タブレット等に表示された「SOSネットワーク事務局」へ連絡します。
③SOSネットワーク事務局からご家族へ、対象者が発見されたことを連絡します。


QRコード付き布シール(見本)

ご家族等のかたへ

 
 登録を希望されるかたは、下記の様式に必要事項を記入し、写真を添えてふくし総合支援課へご提出ください。

 SOSネットワーク登録票.docx
 SOSネットワーク登録台帳.docx


 登録を変更(廃止)する場合

 SOSネットワーク登録変更(廃止)届.docx

事業所、店舗等のかたへ

 事業にご協力いただける機関の方は、下記の登録票を2部、ふくし総合支援課へご提出ください。

 SOSネットワーク協力事業所協定書.docx