教育総務課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

小・中学校の耐震補強工事が完了しました

 

学校施設は、児童生徒が一日の大半を過ごす学習生活の場です。また、地震発生時においては、生命身体の安全を守ることはもとより、災害発生時には地域住民の一時的な避難場所としての役割を果たすことから、安全性の確保は極めて重要です。

小中学校校舎や屋内運動場は、耐震診断を実施し、その結果に基づいて、耐震補強が必要とされた学校施設の耐震化を、順次進めてきていました。

計画では、平成27年度までに完了する前提で進めていましたが、2年前倒して、全ての補強工事が平成25年中に完了しました。

 

平成26年4月現在で市内小学校が、小学校19校、中学校8校です。

棟数にすると全体で78棟となります。

学 校

学校数

棟 名

棟 数

耐震性

あり

耐震化率

小学校

19校

校舎

33

33

100%

屋内運動場

19

19

100%

中学校

8校

校舎

18

18

100%

屋内運動場

100%

合 計

27校

 

78

78

100%

 

耐震化が終了した学校施設   耐震化が終了した学校施設
 耐震化が終了した学校施設  耐震化が終了した学校施設
 

これまでの耐震化関連の取組みについては、「三郷市立小・中学校耐震診断結果一覧(耐震補強工事施工前後の比較)」をご覧ください。