消費生活相談事例

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替
 消費生活に関する相談事例を、より関わりがあると思われる世代別に区分してご紹介します。
 悪質商法による消費者トラブルの事例も含まれていますので参考にしてください。
アコーディオン全表示切替

ブランド品の激安ネット通販にご用心

アコーディオン全表示切替

キャンペーン価格にご用心

老人ホーム入居権の買え買え詐欺にご注意!

アコーディオン全表示切替

恋愛感情を悪用したデート商法 ~甘い誘いに注意~

【事例1】40歳代女性
 インターネットで婚活サイトにアクセスし、知り合った男性と数回デートをして楽しい時間を過ごした。
 そのうち、「貴方のため」と投資用マンションの購入を勧められ、「待ってほしい」と言うと、「僕が信用できないの」「二人の将来のために」と結婚をほのめかされ、断れずに購入契約を結んでしまった。
 その後、男性と連絡が取れなくなり、騙されたと思った。解約できないだろうか。

【事例2】20歳代男性
 SNSで知り合った女性と、ゲームやアニメのことで盛り上がり好意を持った。何度かやり取りするうちにデートに誘われ、喫茶店で会った。しばらく話をした後、「私の職場が近くなの、一緒に来て。」と言われ、ジュエリーショップに案内された。
 店内に入ると、女性から高額なシルバーペンダントを見せられ、「とてもステキ。身に付けると自分に自信が持てる。」と勧められ、断りきれずにローンで購入した
 後日、冷静になってみると、高額で払えないことに気付いた。すぐにキャンセルしたい。

【アドバイス】
 婚活サイトやSNS(ソーシャルネットワークサービス)等で、「知り合った相手から投資用マンションや高額なジュエリーの購入を勧められ契約してしまった。」という相談が多く寄せられています。
 悪質な事業者は、出会いの場を利用して変愛感情を抱かせ、販売目的を隠して近づきます。そして、言葉巧みに商品の購入を勧めてきます。

①見知らぬ異性からの優しい言葉は、あなたを誘い出すための口実です。安易に出向いてはいけません。
②相手の目的は、恋愛感情を利用して高額な商品を購入させることにあります。
③購入が自分にとって本当に必要なものか、よく考えることが大切です。必要ないものはキッパリと断りましょう。
④被害にあったと気付いたら、三郷市消費生活センターに相談してください。

【問い合わせ先】
 三郷市消費生活センター TEL 048(930)7725
 受付時間 月~金曜日(祝日除く) 午前10時~12時、午後1時~4時

学習教材の訪問販売