健康推進課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

冬の感染症を予防しよう!!


                 ノロウイルス、インフルエンザの流行が始まります


ノロウイルス
syokutyuudoku

●おもな症状は激しいおう吐や下痢
 感染から1~2日で激しいおう吐や下痢の症状が現れるほか、人によっては発熱、頭痛などを伴います。通常は3日ほどで回復しますが、回復後もしばらくウイルスの排泄が続くため注意が必要です。感染から発症までは24~48時間です。

●周囲の人に感染しやすい
 感染力がとても強いため、集団感染につながる恐れがあります。

●乳幼児や高齢者は発症・重症化しやすい
 抵抗力の弱い小さなお子さんやお年寄りは脱水や吐物による窒息などにより重症化することもあります。

●発症のピークは冬場
 一年中発生しますが、特に11月春先に多く発生します。下のグラフは令和元年11月5日現在の感染性胃腸炎の流行状況を示しています。例年、これから報告数が右肩上がりに増えるのがわかります。

●感染は「食べもの」と「人」から
nijiosenntoire
 ノロウイルスに汚染された食品や、井戸水などの飲料水を飲食して感染。
 感染している方が調理した食べ物を飲食して感染。
 感染している方の吐物や糞便、手すりやドアノブなどに触れて感染などがあります。

●食中毒予防は加熱処理でウイルスを殺菌
 ノロウイルスに汚染されている食品でも、「中心温度85~90℃以上で90秒以上の加熱」をすれば、感染性はなくなります。

●汚物や吐物などはすばやく処理
 感染している方の便や吐物中にあるノロウイルスは、乾燥すると空気中に埃とともに散って二次感染の原因となることがあります。処理後はしっかりと手洗いうがいをしましょう。

★作り置きしておくと便利です!次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方
<台所用塩素系漂白剤(5%)を原液とした場合の作り方> 
①通常の殺菌用(0.02%)調理器具やドアノブ、手すり、床などの消毒
⇒1リットルのペットボトルに水を入れ、キャップ1杯(5ml)の漂白剤を加える。

②汚物などの処理用(0.1%)吐物やふん便がついた廃棄物など
⇒500ミリリットルのペットボトルに水を入れ、キャップ2杯(10ml)の漂白剤を入れる。


インフルエンザkannsenn
●38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れる
 普通の風邪の多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳等の症状が中心で、全身症状はあまり見られません。インフルエンザは感染から発症まで2~7日です。

●周囲の人に感染しやすい
インフルエンザの感染力は非常に強く、日本では毎年約1千万人、約10人に1人が感染しています。

●例年1~2月が流行のピーク。


 上のグラフは埼玉県の定点あたりの報告数を示しています。例年1~2月に流行のピークがあります。
 全国的には、定点当たり報告数の増加が続いており、過去5年間の同時期と比較してかなり多くなっています。
●予防接種はお早めに!tyuusya
 ワクチンの予防効果は、接種した(13歳未満の場合は2回接種した)2週後から5か月程度までと言われています。予防接種をする場合は11~12月中旬にはワクチンを接種し、流行時期に備えましょう。
 なお、インフルエンザワクチンは、接種すればインフルエンザに絶対にかからない、というものではありませんが、ある程度の発病を阻止する効果があり、また、たとえかかっても症状が重くなることを阻止する効果があります。ただし、この効果も100%ではないことに御留意ください。

10月1日から高齢者のインフルエンザ予防接種が始まっています。

●飛沫感染対策としての咳エチケット
 インフルエンザの主な感染経路は咳やくしゃみの際に口から発生される小さな水滴(飛沫)による飛沫感染です。したがって、飛沫を浴びないようにすればインフルエンザに感染する機会は大きく減少します。

①普段から皆が咳エチケットを心がけ、咳やくしゃみを他の人に向けて発しないこと

② 咳やくしゃみが出るときはできるだけマスクをすること。とっさの咳やくしゃみの際にマスクがない場合は、ティッシュや腕の内側などで口と鼻を覆い、顔を他の人に向けないこと

③ 鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨て、手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗うこと等

を守ることを心がけてください。
 飛沫感染対策ではマスクは重要です。特に感染者がマスクをする方が、感染の拡散を抑える効果は高いと言われています。
masuku
●手洗いうがいと規則正しい生活を。
※ うがいは、一般的な風邪などを予防する効果があるといわれていますが、インフルエンザを予防する効果については科学的に証明されていません。
ugaisyokujineru
①流水・石鹸による手洗いは手指など体についたインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法であり、インフルエンザに限らず接触や飛沫感染などを感染経路とする感染症の対策の基本です。

②体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。

③空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。

 

 

 

【参考情報】

厚生労働省 インフルエンザ(総合ページ)

埼玉県感染症情報センター


・ノロウイルス感染症(埼玉県)