都市デザイン課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替
問い合わせトップ3以外の問い合わせについては、下記一覧からお選びください。

平成28年10月1日から「三郷市屋外広告物条例」の運用が始まります。

1.はじめに

  三郷市は、平成19年に景観法に基づく景観行政団体となり、「三郷市景観計画」を平成22年9月に策定し、良好な景観の形成に取り組んできました。
 市では、市内の屋外広告物について、屋外広告物法及び埼玉県屋外広告物条例に基づき、掲示の許可や指導を行ってきましたが、このたび「三郷市屋外広告物条例」を制定し、平成28年10月1日から施行します。またこれに合わせ、市の受付窓口が市条例施行日より開発指導課から都市デザイン課に変更となります。これまで同様、広告物を表示(設置)しようとする場合には、原則として市長の許可を受けることが必要となります。
 なお、屋外広告業登録等の窓口は、引き続き埼玉県となり、県条例の定めにより、埼玉県への登録等が必要となります。
 屋外に広告物を出す前に規制内容をご確認いただき、にぎわいのあるまちの表情や緑の豊かさが感じられる秩序のあるまちなみをつくるために、ご協力をお願いします。

 ※屋外広告業登録制度について(埼玉県ホームページへ移動します)

■屋外広告物の例
屋外広告物の例



2.市条例には、埼玉県屋外広告物条例に次の内容を追加しています

 ①禁止地域の追加
 埼玉県屋外広告物条例で定める禁止地域に、文化財の周辺地域を追加しています(※埼玉県屋外広告物条例で適用を受けていた禁止地域は今までどおりです)。本条例で、追加した禁止地域は、三郷市の文化財建造物「番匠免の観音堂」「彦倉の延命院虚空蔵堂」の周囲100mの地域です。
 (禁止地域である第一種低層住居専用地域に存する文化財ですので、基準等に変更はありません)

②特定地域
 従来の許可地域(禁止地域以外の地域)の一部で、三郷市景観計画の重点地域である「三郷中央駅地区」及び「新三郷ららシティ地区」を「特定地域」に指定し、景観計画に即した基準を適用できるエリアとして定めています。
 ・「特定地域」のエリア (「屋外広告物条例のしおり」P.4・PDFファイル)
 ・「特定地域」の基準(「屋外広告物のしおり」P.11-12・PDFファイル)

③広告旗に関する基準の追加を行いました。(市内全域に適用)
 広告旗が密集するのを防ぐために、広告旗の相互間の距離を定めました。

3.経過措置

 本条例の施行により、現に表示し、又は設置されている旧許可物件であって、施行日以降許可の基準に適合しないこととなる広告物又は掲出物件については、本条例施行日から10年間の経過措置を設けています。


4.関連資料など

三郷市屋外広告物条例に関するパンフレット

 ・三郷市屋外広告物条例のしおりのダウンロード(別ウィンドウ・PDFファイル) 
 
三郷市屋外広告物条例及び条例に関する規則は次のとおりです。

 ・三郷市屋外広告物条例(別ウィンドウ・PDFファイル)
 ・三郷市屋外広告物条例施行規則(別ウィンドウ・PDFファイル)

三郷市屋外広告物条例に関する告示は次のとおりです。

 ・禁止地域、禁止物件及びはり紙等の禁止物件に係る道路の指定(別ウィンドウ・PDFファイル)

更新情報