すこやか課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

平成28年度下期分(9月分から3月分)の利用者負担額(保育料)決定通知書をお送りします

 

 

平成28年度下期分(9月分から3月分)の利用者負担額(保育料)決定通知書をお送りします




認可保育園(公立・私立)・認定こども園(保育認定)・地域型保育事業(家庭的保育事業・小規模保育事業・事業所内保育事業)を利用されているご家庭に9月分から3月分までの利用者負担額(保育料)決定通知書を9月6日(火)に発送予定です。

 

 


 

保育料の算定方法



※保育料の決定を年に2回行います。

毎年、4月分~8月分は、前年度の市民税で保育料を算定します。
9月分~3月分は、その年度の市民税で保育料を算定します。
なお、4月は年齢が変わることによる決定、9月は税の年度が変わることによる決定です。

例)4月分~8月分までの保育料⇒平成27年度(平成26年中)の世帯の市民税所得割額

  9月分~3月分までの保育料⇒平成28年度(平成27年中)の世帯の市民税所得割額


◎保育料の算定基礎となる世帯の市民税額とは、住宅ローン控除や配当控除などの税
額控除適用前の市民税所得割額から、調整控除額を除いた額です。

 



なお、市民税額が不明である場合は、利用者負担額を正しく算定することができないため、やむを得ず月額保育料表における最高額にいったん認定しますので、あらかじめご了承ください。


年度の途中で、認定区分が3号認定から2号認定に変更しても、利用者負担の額はクラス年齢を基準に算定することからその年度中は変わりません。


 

第2子以降の保育料


2人以上のお子さんが認可保育園、幼稚園などに入園している場合、上から数えて2番目のお子さんの保育料は半額に、3番目以降のお子さんの保育料は無料になります。
(幼稚園などに入園している場合は、在園証明書を提出する必要があります。)

 

 


 

住民税が三郷市で課税されていない方



平成28年度の住民税が三郷市で課税されていない方は、課税(非課税)証明書を提出してください。課税(非課税)証明書は平成28年1月1日時点で住民登録のあった自治体で発行します。

 

 

更新情報