健康推進課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

これから蚊が発生する季節を迎えます!!

 

 

蚊やダニを介する感染症の予防対策
~感染症流行地域へ渡航する場合には万全な対策を~

 

 これから蚊が発生する季節を迎えます。ウイルスなどの病原体に感染した人や動物の血を吸った蚊に刺されることで、さまざまな感染症にかかる恐れがあります。
 蚊やダニが媒介する感染症にかからないためには、住民一人一人が、蚊に刺されない、ダニに咬まれない対策をすることが重要です。


〜蚊〜
○ 感染症流行地域では、蚊に刺されないようにしましょう。

・海外へ渡航する際には、渡航前に現地での流行状況を把握しましょう。もし蚊を媒介とする感染症の流行地域へ渡航される場合には、蚊に刺されないように万全な対策をしましょう。

・屋外の蚊が多くいる場所で活動する場合は、できるだけ肌を露出せず、虫よけ剤を使用するなど、蚊に刺されない対策をしましょう。


○ 住まいの周囲に、蚊を増やさないようにしましょう。

・蚊は、植木鉢の受け皿や屋外に放置された空き缶に溜まった雨水など、小さな水たまりで発生するので、日頃から住まいの周囲の水たまりを無くすように心がけましょう。

 ※蚊の活動は概ね10月下旬頃で終息します。これらの対策は10月下旬頃までを目安に行いましょう。

〜ダニ〜
○重症熱性血小板減少症候群(SFTS)とは
・多くの場合、SFTSウイルスを保有しているマダニに咬まれることによって感染します。また、発症したイヌ・ネコの体液等から感染する可能性もあります。潜伏期間は6日から2週間と言われています。
※埼玉県では、患者は発生していません。

○予防のためには

・マダニに咬まれないようにすることが重要です。
○注意点

・草むらや藪など、肌の露出を少なくする。
・服は、明るい色のものがお薦め。

・虫除け剤を使用する。
・屋外活動後は入浴し、マダニに刺されていないか確認する。
 ※特にマダニの活動が盛んな春から秋にかけては、マダニに咬まれる危険性が高まります。
○マダニに咬まれたらどうすればよいか

・マダニ類の多くは、ヒトや動物に取り付くと、皮膚にしっかりと口器を突き刺し、長時間(数日から、長いものは10日間以上)吸血しますが、咬まれたことに気がつかない場合も多いと言われています。

・吸血中のマダニに気が付いた時、無理に引き抜こうとするとマダニの一部が皮膚内に残って化膿したり、マダニの体液を逆流させてしまったりする恐れがあるので、医療機関(皮膚科)で処置(マダニの除去、洗浄など)をしてもらってください。また、マダニに咬まれた後、数週間程度は体調の変化に注意をし、発熱等の症状が認められた場合は医療機関で診察を受けてください。

 

【関連リンク】
厚生労働省「テング熱について」外部サイトへのリンク
厚生労働省「ジカウィルス感染症について」外部サイトへのリンク

症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
埼玉県蚊の蚊媒介感染症


<担当>
健康推進課 健康づくり係

更新情報