危機管理防災課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

【7月5日】緊急地震速報 行動訓練を実施します New!

 三郷市では、7月5日に消防庁と気象庁で実施する、緊急地震速報の全国的な訓練に参加し、全国瞬時警報システム(ジェイアラート)で配信される訓練用緊急地震速報を、連動する防災行政無線から放送し、放送を聞いた方々に大地震から身を守る行動をとっていただく訓練を行います。

 緊急地震速報を見聞きして強い揺れが来るまでの時間はごくわずかです。短い時間にあわてずに身を守る行動をとるためには、あらかじめどのような行動をとるかを知り、実際に行動をとって経験しておくことが大切です。
 ぜひ、この機会に、個人、施設、事業所などで訓練を行ってみましょう。

<日時>
 7月5日(木) 午前10時00分頃

 ※午前9時45分に、防災行政無線から訓練予告放送が流れます。
 ※災害発生や発生の恐れがある場合は、訓練放送を中止します。

<内容>
 防災行政無線(防災みさと)から訓練用の緊急地震速報を放送します。
「上りチャイム」
+「こちらは防災みさとです。ただいまから訓練放送を行います。」
+※「緊急地震速報チャイム音」
+※「緊急地震速報。大地震です。大地震です。」
+※「これは訓練放送です。」
    ※印を3回放送
+「こちらは防災みさとです。これで訓練放送を終わります。」
+「下りチャイム」

<訓練方法>
 緊急地震速報(訓練用)を聞き、身を守る行動をとってください。(1分間程度)

 ◇訓練チラシ⇒こちら 施設利用者等への広報に活用ください

☆身を守る行動とは
 ◎今いる場所で、最も安全と思われる位置に移動する
 (例)
  ○物が落ちてこない所
   ・家具や棚から離れる
   ・電灯や看板の下から離れる
  ○自分が落下しない所
   ・窓際から離れる
   ・ベランダから屋内に入る
   ・屋外階段の壁側による

 ◎頭を保護して身構える
 (例)
  ○頭(首)の保護
   ・カバンで頭を保護する
   ・買い物かごを頭からかぶる
   ・机の下に頭を隠す
  ○身構える
   ・姿勢を低くして身構える(大きな揺れで転倒しないように)
   ・頑丈なものにつかまる(高所など振り落とされないように)

※防災行政無線からの放送は、窓を閉め切った室内や気象条件により聞こえにくい場合があります。
※実際の緊急地震速報は、テレビ、ラジオ、携帯電話等でも流れますが、今回は訓練ですので、防災行政無線からの放送だけです。