健康推進課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

腸管出血性大腸菌O157による食中毒に注意してください!!

腸管出血性大腸菌O157による食中毒に注意してください!!

●腸管出血性大腸菌による食中毒が発生しています。
●下痢や腹痛など体調が悪い方は医療機関を受診してください。その際は、食事の内容などを医師にお伝えください。
●腸管出血性大腸菌は、75℃で1分以上の加熱で死滅しますので、よく加熱して食べましょう。

<腸管出血性大腸菌とは>
 大腸菌は、家畜や人の腸内にも存在します。ほとんどのものは下痢の原因になることはありませんが、このうちいくつかのものは、人に下痢などの消化器症状や合併症を起こすことがあり、病原大腸菌と呼ばれています。病原大腸菌の中には、毒素を産生し、出血を伴う腸炎や溶血性尿毒症症候群(Hemolytic Uremic Syndrome、HUS)を起こす腸管出血性大腸菌と呼ばれるものがあります。
 腸管出血性大腸菌は、菌の成分(「表面抗原」や「べん毛抗原」などと呼ばれています)によりさらにいくつかに分類されています。代表的なものは「腸管出血性大腸菌O157」で、そのほかに「O26」や「O111」などが知られています。
 腸管出血性大腸菌は、牛などの家畜や人の糞便中に時々見つかります。家畜では症状を出さないことが多く、外から見ただけでは、菌を保有する家畜かどうかの判別は困難です。

<食中毒予防の3原則>
・調理前に必ず手洗い⁽菌をつけない⁾
・生鮮食品はすぐに冷蔵庫へ(増やさない)
・食材を中心までよく加熱(やっつける)
☆特に、若齢者、高齢者、抵抗力が弱いかたは、重症化することがありますので、注意してください。

«関連ホームページ»
厚生労働省
腸管出血性大腸炎Q&A