水道部業務課・施設課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

水道管の凍結にご注意ください

 

❄水道管の凍結にご注意❄


寒波の到来により、最低気温が0度を下回る日のある予報となっております
氷点下4度以下になると、防寒が不完全な水道管や水栓器具・水道メーターが凍結しやすくなると言われています。
市民の皆さまにおかれましては、早め早めの水道管の防寒対策にご協力をお願い致します。


 
 次のようなところは、水道管が凍結して水が出なくなったり、
破裂する可能性が高いため、特に注意をしてください。

 

 


 
 1.
水道管がむき出しになっているところ


 2.      水道管が日当たりの悪い場所にあるところ


 3.      水道管が風当りの強い場所にあるところ

 


〈水道管を凍結させないためには〉

 水道管を凍結させないためには、次のようなことが効果的です。

  保温

1.夜間に、宅内の蛇口から少量の水道水を流す。

2.水道管や蛇口に保温材を取り付ける 

 

  ・古い毛布などの布切れを使用して巻いていただくことも出来ますが、
   布切れが雨などでぬれないようにビニールなどで覆ってください。

 

蛇口保護
 
3.メーターボックス内に、古い毛布などの布切れを入れて、
     その上にダンボールなどをのせて保温する。
 

 

 

 メーター器保護

 

〈水道が凍って蛇口から水が出ないとき〉 

 ぬるま湯
 自然に溶けるのを待つか、凍った部分にタオルを巻きつけ、
その上からゆっくりとぬるま湯をかけて溶かしてください。
 濡れタオルを電子レンジでぬるめに温めて巻きつけるのも効果的です。
※ 直接熱湯を使用したりすると水道管が破損する原因となりますので、
    絶対に行わ
ないでください。

湯沸かし器

 ①.凍結した箇所に巻き付ける
   蒸しタオルを用意してください。
   給湯器をぬるま湯に設定して、
   濡らしむらのないようにタオルを
   湿らせてください。


レンジ
やかん保護 




②.もしくは、水で濡らしたタオルを
  電子レンジの弱設定でぬるめに
  温めてください。




③.凍結箇所にしっかりと巻き付け、
  ぬるめのお湯をゆっくりと数回に分けて
  タオルの上からかけてください。




 

 


ボックス〈水道管が破損したとき〉

メーターボックス内にある止水栓を閉めて
水を止めてください。
 そのあとに、破損した部分に布などを巻きつけて
応急手当をしてから、三郷市で指定している
給水装置工事事業者に修理を依頼してください。
 
修理の費用は、お客様のご負担になります。

 

 

 


〈漏水しているか確認したいとき〉
 漏水の確認方法はこちら


 
 三郷市の気象情報はこちら外部サイトへのリンク