企画調整課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会への気運醸成に関する要望書の提出について New!

  草加市・越谷市・八潮市・三郷市・吉川市・松伏町で構成する埼玉県東南部都市連絡調整会議では、埼玉県知事に対して、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会への気運醸成に関する要望書」を平成3079日付で提出いたしました。

  51町の大会への気運を醸成させ、多くのレガシーが創出されるように、次の3項目について、要望しました。

 

 要望項目 

  ・ 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の聖火リレーのコースに、草加市・越谷市・八潮市・三郷市・吉川市・松伏町の県東南部地域を加えること

 

  ・ 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の聖火リレーの走者に、草加市・越谷市・八潮市・三郷市・吉川市・松伏町の関係者を加えること

 

  ・ 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の大会ボランティアおよび都市ボランティアを、草加市・越谷市・八潮市・三郷市・吉川市・松伏町の住民から積極的に受け入れること

 

 

 要望書

   東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会への気運醸成に関する要望書


  埼玉県東南部都市連絡調整会議とは

   埼玉県東南部にある草加市・越谷市・八潮市・三郷市・吉川市・松伏町の51町では、昭和40年から東埼玉資源環境組合で可燃ごみとし尿の共同処理を行なってきました。

   この経験をいかし、その他の広域的な行政課題についても51町で連携を図るため、平成35月に埼玉県東南部都市連絡調整会議を設立しました。

   これまでに、図書館の広域利用をはじめ、公共施設の相互利用、重症心身障害児施設「中川の郷療育センター」の共同設置および運営、埼玉県東南部地域公共施設予約案内システム「まんまるよやく」の共同運用、ファミリー・サポート・センターの相互利用など様々な事業を展開しています。

   なお、これまでの取り組みについては、下記の調整会議のホームページをご覧ください。


  埼玉県東南部都市連絡調整会議ホームページ

更新情報