クリーンライフ課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

浄化槽の法定検査啓発に係るダイレクトメールについて

  浄化槽法第十一条に規程されている検査(以下、「法定検査」とする。)について、未受検の浄化槽管理者様にダイレクトメールを送付いたします。 (8月2日と9日の2回に分けて送付予定。)
  本通知は今年度で5回目となり、年々送付範囲を拡大し今年度は市内全域に送付いたします。そのため、初めてお手元に届く方もいらっしゃいます。よくある質問を以下にまとめましたのでご確認ください。
  法定検査は、浄化槽管理者の義務です。ダイレクトメールが届いた方は、検査を受けてください。 検査は同封したハガキ、埼玉県浄化槽協会のホームページや電話からお申し込みください。
 なお、このダイレクトメールと行き違いで検査を申し込まれた場合には、御容赦願います。また、浄化槽使用廃止届や管理者変更届の提出がされていないと、現に利用されている方と異なった名義で通知が届く場合や、既に使用していない浄化槽についての通知が届くことがあります。恐れ入りますが、訂正のご連絡お願いいたします。

・よくある質問

①:長年浄化槽を使用しているが、法定検査の通知が届いたのは初めてだ。なぜいまになって通知したのか?

答:法定検査の受検率が低く、法定検査そのものの認知度が低かったため、法定検査の周知および受検案内として、今年度で5回目の通知を送付しました。昨年よりも送付地域を拡大したので、初めて届く方もいらっしゃいます。

②:保守点検・清掃をやっているが法定検査を受検する必要はあるか?

答:保守点検と清掃が適切に行われているかの検査が法定検査です。

保守点検・清掃・法定検査のすべてを行うことが、浄化槽管理者には義務づけられています。

また、法定検査はあくまで検査ですので、保守点検の代わりにはなりません。

定期検査は毎年申し込みする必要があるのか?
今回受検いただければ、来年以降は浄化槽協会から連絡があります。申込はがきの「継続依頼(申し込み)します。」の欄にチェックを入れると、毎年の手続きを簡略化できます。

④:法定検査は受けなければいけないのか。また、すぐに申込みしたほうがいいのか?

答:受けなければいけないものです。

受検は1年に1度義務づけられているため、今まで未受検であればすぐに申込みをしていただく必要があります。

⑤:定期検査を受けない場合の罰則は?
答:定期検査を受けない場合には浄化槽法第7条の2第3項、浄化槽法第12条の2第3項に基づき、埼玉県知事が指導・助言・命令することができ、命令に違反した場合には30万円以下の過料を科される場合があります。

⑥:埼玉県浄化槽協会とは、聞いたことないが、どのような団体か?
浄化槽法第57条に基づき、埼玉県知事が指定した水質に関する検査を行う機関です。

⑦:近所の人が、法定検査の申し込みをしないなら、自分も受検しない。

答:法定検査は周囲の人が受検する・しないに関わらず、受検しなければならないものです。

⑧:浄化槽は使っているが、誤った名義で(又は浄化槽を使っていないのに)通知が届いた。

答:浄化槽の廃止届や、管理者変更届、使用開始報告書を提出していないと、誤った情報で通知が届く可能性があります。現に利用している方は、お手数をおかけいたしますが、訂正の連絡をお願いいたします。

・問い合わせ先
埼玉県浄化槽協会(検査の申込について)
電話:048-501-5707

越谷環境管理事務所(浄化槽の指導等について)
電話:048-966-2311

三郷市役所クリーンライフ課(ダイレクトメール、浄化槽の届出等について)
電話:048-930-7718