健康推進課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

風しんに注意しましょう

風しんの届出数が、例年に比べて大幅に増加しています。
7月23日~8月5日までに、38例の風しんの届出がありました。

<風しんとは>
 風しんは、風しんウイルスの飛沫感染によって起こる感染症です。潜伏期間は2~3週間で、主な症状として、発疹、発熱、リンパ節の腫れなどが認められます。発疹や発熱は、約3日間で治るので「3日ばしか」とも呼ばれることがあります。大人になってから感染すると重症化することがあります。
 また、妊娠初期(20週頃まで)に感染すると先天性風しん症候群と呼ばれる先天性の心臓病、白内障、聴力障害、発育発達遅延などの障害を持った赤ちゃんが生まれる可能性があります。


<予防するには>
 予防接種が最も有効な予防法といえます。
 風しんにかかったことがない人、または風しんやMRワクチンの予防接種を受けたことがない人、また風しんに対する抗体検査で免疫がない人は予防接種をご検討ください。

◎特に次に当てはまるかたは、予防接種をご検討ください。
1 30歳代から50歳代の男性(抗体化が低い方が2割程度存在しているとされています)
2 妊婦への感染を予防するために
 ①妊婦の夫、子ども及びその他同居の家族
 ②10代後半から40代の女性(特に妊娠を希望するかた又は妊娠する可能性の高いかた)
 

<予防接種について>
定期予防接種・・・下表に相当する年齢の対象者は、麻しん風しん混合ワクチンを定期予防接種として公費(無料)で
         接種することができます。未接種のかたは、接種期間内に早めに接種を受けましょう。
ワクチン名  種類  
接種回数
対象者
 麻しん風しん混合ワクチン
(MR)
 1期 1回
 1歳~2歳に至るまでの間のかた
(望ましい接種期間:1歳になったら早めに)
 2期 1回  5歳以上7歳未満で小学校就学前の1年間にあるかた(年長児)
★平成30年度対象者★
平成24年4月2日~平成25年4月1日生まれ


任意予防接種・・・任意予防接種は承認されているワクチンですが、予防接種法で定められているものではないため、
         効果、副反応及び健康被害救済制度などを十分理解、納得したうえで接種してください。
         任意予防接種は、全額自己負担になります。

 但し、三郷市では、下記の対象者について接種費用の一部を助成しています。
   対象者 :三郷市に住民登録をしている
        ①妊娠を希望している19歳以上49歳以下の女性
        ②妊婦の夫
   対象期間:接種日が平成30年4月1日~平成31年3月31日まで
     
ワクチンの種類
助成金額
回数
 風しん単抗原ワクチン   3,000円
どちらか1回 
 麻しん風しん混合ワクチン(MR)   5,000円 
    ○接種費用が助成額を超えない場合は、接種費用を助成額の上限とします。

 三郷市任意予防接種費用の助成については、こちら
                                                                                                           
 ※MRワクチン又は風しんワクチンの予防接種は、妊娠中のかたは接種することはできません。また、接種後2か月程度は避妊が必要です。

〖お知らせ〗
埼玉県では、風しん及び先天性風しん症候群を予防するために、無料で抗体検査を実施しています。



【関連リンク先】


※ご不明な点がありましたら、下記までお問い合せください。


【問合せ先】
三郷市市民生活部
健康推進課 健康づくり係
☎048-930-7771(平日8:30~17:15まで)