市民税の制度改正

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

平成31年度市・県民税の改正点

配偶者控除及び配偶者特別控除の見直し

 平成29年度税制改正により、配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しが行われ、配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額等が改正されました。

配偶者控除
 配偶者控除の控除額について、控除を受けるかたの合計所得金額に応じてそれぞれ次のとおりとされ、合計所得金額が 1,000 万円を超える居住者については、配偶者控除の適用はできないこととされています。

居住者の合計所得金額

控除額

控除対象配偶者

老人控除対象配偶者

(昭和24年11日以前生まれ)

900 万円以下

33 万円

38 万円

900 万円超 950 万円以下

22 万円

26 万円

950 万円超 1,000 万円以下

11 万円

13 万円



配偶者特別控除
 配偶者特別控除の対象となる配偶者の合計所得金額を 38 万円超 123 万円以下(改正前:38 万円超 76 万円未満)とし、その控除額は、配偶者の合計所得金額及び控除を受けるかたの合計所得金額に応じてそれぞれ次のとおりとされました。
 なお、改正前の制度と同様に、合計所得金額が 1,000 万円を超えるかたについては、配偶者特別控除の適用はできないこととされています。

 

居住者の合計所得金額

900 万円以下

900 万円超

950 万円以下

950 万円超

1,000 万円以下

38 万円超 85 万円以下

33 万円

22 万円

11 万円

85 万円超 90 万円以下

90 万円超 95 万円以下

31万円

21万円

95 万円超 100 万円以下

26 万円

18 万円

9 万円

100 万円超 105 万円以下

21 万円

14 万円

7 万円

105 万円超 110 万円以下

16 万円

11 万円

6 万円

110 万円超 115 万円以下

11 万円

8 万円

4 万円

115 万円超 120 万円以下

6 万円

4 万円

2 万円

120 万円超 123 万円以下

3 万円

2 万円

1 万円