水道部業務課・施設課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

水道用地下水(5月14日採水)の放射性物質測定結果

 

 三郷市の地下水について検査を行った結果、下表のとおり、「不検出」で国の指標を下回っています。
 三郷市の水道水は埼玉県からの供給が8割、地下水が2割で送水しています。 本市の井戸は密閉式で約100~260メートルの深さから取水しているもので、放射線の影響を直接受けることはありません。
 今後とも、三郷市の地下水の状況について随時お知らせしてまいります。

 単位はBq(ベクレル)/kg : ( )は検出限界値で、信頼できる値として測定できる最小の値です。それより小さい値は、不検出としています。

水道水中の放射性物質の新たな管理目標値の取扱いについては、
  平成24年4月1日から次のように変更になりました。

 対象項目   放射性セシウム134及び137
 管理目標値  10Bq/kg(セシウム134及び137の合計)

 測定機関:一般社団法人 埼玉県環境検査研究協会
 測定機器:ゲルマニウム半導体検出器
       (キャンベラ社製 MODEL GC2020-7500SL-2002CSL)

【北部浄水場】

採水日

放射性セシウム

セシウム134

セシウム137

令 和 元 年   5月14日  不検出(1)   不検出(1) 
平成31年   4月 9日 不検出(1) 不検出(1)

過去の測定結果(北部浄水場)
  ・平成30年度分
  ・平成29年度分
  ・平成28年度分
  ・平成27年度分
  ・平成26年度分
  ・平成25年度分
  ・平成24年度分
  ・平成23年度分


【中央浄水場】

 

採水日

放射性セシウム

セシウム134

セシウム137

令 和 元 年  5月14日  不検出(1)   不検出(1) 
平成31年  4月 9日 不検出(1) 不検出(1)
過去の測定結果(中央浄水場)
  ・平成30年度分
  ・平成29年度分
  ・平成28年度分
  ・平成27年度分
  ・平成26年度分
  ・平成25年度分
  ・平成24年度分
  ・平成22・23年度分

埼玉県企業局から発表された三郷市に給水している新三郷浄水場の水道水の測定結果については下記リンク先をご参照ください。

リンク 埼玉県のホームページ外部サイトへのリンク


水道水が放射性物質の指標値を超えた場合に備えて、念のため水の汲み置きをおすすめします。

◆水道水の保存方法◆

 水道水は、塩素の殺菌効果が持続する3日を目安に保存ができます。

その保存方法は、

①ふたが閉まる容器(ペットボトルや口が小さい水筒など)の中を良く洗って清潔にしてください。

②手を良く洗い、直接蛇口から容器から溢れる状態まで水道水を注ぎ、空気に触れないようにふたをしてください。

③マジックで日付を書き、直射日光が当たらない冷暗所(冷蔵庫など)に保存してください。

④飲料するときは、直接口を付けて飲まないでください。

注意することは、

①煮沸をしないでください。(塩素が蒸発し殺菌効果がなくなります。)

②浄水器には塩素まで除去してしまうものがあるため、蛇口から直接注いでください。