未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

 令和元年10月から消費税率が引上げとなる環境の中、子どもの貧困に対応するため、ひとり親に対し、臨時・特別の措置として、児童扶養手当の受給者のうち、未婚のひとり親に対して給付を行うための事業を実施します。


◎支給対象者

 以下のすべての要件に該当する者

(1) 令和元年11月分の児童扶養手当の支給を受ける父又は母

(2)基準日(令和元年10月31日)において、これまでに法律婚をしたことがない者(同日において、事実婚をしていない者又は事実婚の相手方の生死が明らかでない者に限る。)

ご注意ください

1 支給対象者の(1)の「令和元年11月分の児童扶養手当の支給を受ける」とは、支給対象者と扶養義務者の平成30年分の所得状況等により審査し、決定した令和元年11月分以降の手当を受給する方となります。

 現在、児童扶養手当を受給していても、平成30年分の所得状況等により、11月分以降の児童扶養手当を受給できなくなる場合があります。

2 支給対象者の(2)の「これまでに法律婚をしたことがない者」とは、過去に一度も結婚をしないで、子どもを出産し、現在養育監護している方です。

 例えば、過去に婚姻し離婚した後、父母が婚姻届を出さないで、子どもを出産し、現在その子どもを養育監護している方は、一度婚姻をされているので、この給付金の支給対象とはなりません。

 国内外を問わず、これまでに法律婚をしたことがない方で、現在ひとり親家庭であり、児童を養育監護している方に、支給される給付金です。

3 現在児童扶養手当受給資格者で、この給付金の支給要件、支給対象者となるかどうかについて、ご不明な点がございましたら、子ども支援課(048-930-7781)まで、お問合せください。

◎支給額

 17,500円(1回のみ)

◎申請手続き

  現在、児童扶養手当受給資格をお持ちの方及び令和元年6月までに児童扶養手当新規申請を行った方には、7月末に「児童扶養手当現況届のお知らせ」を送付するときに、この給付金のご案内チラシを同封いたします。

 

 給付金案内チラシをご確認の上、ご自身が支給対象者となる場合は、必要書類をご準備の上、8月の児童扶養手当現況届出とあわせて給付金の申請をしてください。


 令和元年7月から令和元年10月までに児童扶養手当の新規申請を行った方で未婚の方には後日、案内チラシと申請書を送付しますので、支給対象者となる場合は、申請書に記入・捺印、必要書類を同封のうえ提出してください。(郵送可)

必要書類
◆申請者と児童が記載された最新の戸籍謄本(有料・自己負担)
◆振込口座が確認できる書類のコピー

◎支給申請期間

 令和元年8月1日(木曜日)から令和2年2月3日(月曜日)(郵送の場合は必着)

◎支給日

 令和2年1月10日(金曜日)(児童扶養手当1月定期支払日と同日)

 上記支給日に支給できなかった方は以後、随時支給します。

◎給付金の“振り込め詐欺”や“個人情報の詐取”にご注意ください

 都道府県・市町村や厚生労働省などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは絶対にありません。

 ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。

 都道府県・市町村や厚生労働省などが、「未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金」を支給するために、手数料の振込みを求めること等は絶対にありません。

 ご自宅や職場などに都道府県・市町村や厚生労働省(の職員)などをかたった不審な電話がかかってきたり、不審な郵便が届いたら、迷わず、お住まいの市町村や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(♯9110))に御連絡ください。

ご案内・申請書様式

申請書は、児童扶養手当現況届受付会場に備え付けてありますので、印刷してお持ちいただく必要はありません。

未婚の臨時給付金のご案内

申請書様式(10月30日以前に申請する場合)

申請書様式(10月31日以後に申請する場合)