都市デザイン課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

空き家の利活用に関する相談窓口を開設します

 少子高齢化、人口減少などの影響により、空き家は年々増加しています。空き家が適切に管理されずに放置されてしまうと、まちの安全性の低下、公衆衛生の悪化、景観の阻害などの生活環境の悪化の原因となります。
 これらの情勢を踏まえ、平成31年3月28日に、三郷市は公益社団法人埼玉県宅地建物取引業協会埼玉東支部と、「三郷市における空家等の利活用に関する協定書」を締結し、令和元年10月より、協定書に基づき、宅建協会と市が連携・協力して取り組む、空き家の利活用に関する相談窓口を開設します。

 ご相談内容に応じて、それぞれの窓口までご連絡ください。

◆管理不全の空き家の対応についてお困りの方
【お悩みの例】
 ・所有している空き家を、自分で管理できずに困っている
 ・近隣の空き家の管理不全による、破損や雑草、虫の発生等で悩んでいる
 ⇒環境安全部交通防犯課防犯係までご連絡ください。
   ℡:048-930-7817(直通)


◆所有している空き家を利活用したい方
【お悩みの例】
 ・所有している空き家を、有効活用してくれる人に貸したい
 ・所有している空き家を売却したいが、買い手が見つからない
 ・所有している空き家を、公共・公益的な施設として活用し、地域貢献したい
 ・所有している空き家をどうすればよいか分からない
⇒下記、空き家の利活用に関する相談窓口をご活用ください。
  
【空き家の利活用に関する相談窓口】 (別のページに移動します。)

◆その他、上記以外の住宅全般に関する相談をしたい方
【お悩みの例】
 ・住宅に関する法律に関することについて困っている
 ・住宅のリフォームに関することについて悩んでいる
 ・分譲マンションの管理について相談したい
 ・住宅ローンに関する相談をしたい
 ・賃貸住宅への入居支援情報について知りたい
埼玉県住宅供給公社の住まい相談プラザにて相談対応を行っていますので、ご活用ください。
  ℡:048-658-3017(住まい相談プラザ)
 

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う各種届出について (更新日 令和2年4月16日)

  • ・厚生労働省からは、新型コロナウイルスの感染を拡大させないため、人が密(密閉・密集・密接)に
  •  集まって過ごすような空間を避けるよう呼びかけられています。
  • ・当面の間、通常郵送対応を実施していない申請・届出等について、郵送対応を行います。市役所窓口
  •  での混雑を緩和し、少しでも人と人との距離が近い接触の機会を減らすためにも、お時間に余裕があ
  •  る場合等は、次の手続を郵送で行うことについて、ご検討ください。
  • 郵送で行うことができる申請・届出等

     ▶国土利用計画法の届出

     ▶公有地の拡大の推進に関する法律の届出

     ▶地区計画の届出

     ▶駐車場法の届出

     ▶都市計画法第53条の許可申請

     ▶三郷市景観計画及び三郷市景観条例の届出

     ▶三郷市屋外広告物条例における許可申請

     ▶空き家の利活用に関する相談

     ▶被相続人居住用家屋等確認申請書の交付手続き

      ※ 空き家の発生を抑制するための特例措置(空き家の譲渡所得の3,000万特別控除)について

     その他の証明書等の発行手続きにつきましては、下記の問い合わせ先までご連絡ください。

     <問い合わせ先 都市デザイン課 都市計画係 048-930-7740>

     ※申請・届出等における書類の郵送方法については、こちらをご確認ください。

    問い合わせトップ3以外の問い合わせについては、下記一覧からお選びください。

    更新情報