市民向け講演会

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

市民向けミニ講座
 第1回
「医療や介護が必要になったらどうしたらいいの?」

今年度から在宅医療・介護について理解を深めていただくためにミニ講座を開催いたします。
第1回は、市内における在宅医療・介護の相談窓口の紹介や介護サービスの紹介を事例を取り上げながら行います。


○テーマ:「医療や介護が必要になったらどうしたらいいの?」
○講師:市内の医療・介護の専門職
   (地域包括支援センター職員・介護福祉士・医療相談員・
    訪問看護師・歯科医師・ケアマネジャー)
○日程・会場:令和元年10月19日(土)瑞沼市民センター多目的室
           11月9日(土)鷹野文化センター大会議室

○時間:14:00~15:45(13:30受付開始)
○申込:FAXまたは電話にて事前申込。締め切りは両日ともに開催日前日まで。
    チラシ、申し込み書はこちら

両日ともに同じ内容です。ご自宅から近い会場にお越しください。
(10月19日は地域包括支援センター「みずぬま」「早稲田」「ひこなり北」、11月9日は地域包括支援センター「みさと中央」「みさと南」「しんわ」が主に担当します)
「介護保険のサービスって、どうやって受けるの?どこに相談したらいいの?」
「ケアマネジャーさんってどんな人?」
「デイサービスってどんなことをするの?」
「家で最期まで過ごしたいけど、先生や看護師さんは家に来てくれるの?」
など、在宅医療と介護保険の相談の初歩的なお話を、それぞれ携わっている専門職から説明します。質問時間もありますので、どうぞご利用ください。


【問合せ・申し込み先】
     ふくし総合支援課地域包括係
     ☎048(930)7793
     FAX 048(953)8311