総務課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

2020年農林業センサスを実施します

2020年農林業センサスにご協力ください

~農林業を営む皆様へ~


令和2年2月1日現在で、全国一斉に“農林業の国勢調査”といわれる「2020年農林業センサス」が実施されます。この調査は、今後の農林業の政策に役立てるために5年ごとに実施される極めて大切な調査です。1月中旬から農林業を営んでいる皆様のところに調査員が訪問して、調査票に農林業の経営状況などの記入をお願いしますので、ご協力をお願いします。

1.調査の目的

農林業センサスは、統計法に基づく国の基幹統計調査で、全国の農林業を営む世帯・事業者を対象として耕地、山林の規模別分布や利用状況、作物の栽培や家畜の飼養状況などを調査し、我が国の農林業の実態を明らかにすることを目的としています。

2.調査の対象

全国の農林業経営体を対象として行います。農林業経営体とは、(1)農産物の生産を行っていたり、委託を受けて農林業作業を行っている、(2)生産又は作業に係る面積・頭数が一定規模以上の農林業作業を行っている個人、組織、法人などをいいます。調査対象の方には、調査票を配布する前に農林業経営体の条件を満たしているかを確認するため、経営耕地面積や保有山林面積などについておたずねします。

3.調査の方法及び時期

調査は、農業や林業を行っている農家・林家や法人などに、県から任命された統計調査員が訪問し、調査対象となる条件を満たしているかお伺いします。調査の対象となった場合は、調査票をお渡しいたしますのでご記入いただき、後日回収に伺う調査員にお渡しください。 また、今回からオンラインでの回答も可能となります。
日程 調査の手順
1月中旬~2月初旬 農業・林業を行っている世帯・事業者を訪問し、調査の趣旨を説明の上、経営状態を確認し、農林業経営体に該当した場合、調査票への記入を依頼します。
2月1日~中旬 記入いただきました調査票は、訪問した調査員が約束した日時に回収に伺います。

4.記入内容の秘密は保護されます

「統計法」により、調査員をはじめとする調査関係者が調査票の記入内容を他に洩らしたり、徴税など統計を作る目的以外に調査票を使用することは固く禁じられています。提出いただいた調査票は、1枚1枚厳重に管理され、集計が終わった後は溶解処分されます。

5.調査結果の公表

調査の結果は、報告書や農林水産省のホームページ等を通じて公表されます。令和2年11月末までに、まず全国結果の概要が公表されます。その後、各種報告書が順次刊行されます。


※上記のほか、調査の詳しい内容については、下記のホームページをご覧ください。

          農林水産省ホームページ