健康推進課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

新型コロナウイルス対策本部・市長メッセージ New!

 今年1月に新型コロナウイルスの国内感染が発表されて以来、三郷市では関係各課の課長級による新型コロナウイルス対策推進会議を開催し、感染予防や蔓延防止対策を進めている中、2月20日、厚生労働省より、イベント等の開催の必要性を検討するよう、発表がありました。これを受け、市では、新型コロナウイルスの国内での感染拡大を防止する観点から、更なる対策強化のため、令和2年2月21日付けで市長を本部長とし、副本部長の副市長及び教育長、関係各部の部長級による「新型コロナウイルス対策本部」を設置しました。

 なお、帰国者・接触者相談センター、相談窓口等の案内は、 こちらに掲載しています。

〈市長メッセージ 令和2年4月7日〉

 本日、政府が埼玉県を含めた7都府県を対象に緊急事態宣言を発出いたしました。
 本市はこの宣言を重く受け止め、感染防止策をさらに強化するため、小・中学校の臨時休校と市施設の休館を5月6日まで延長するとともに、新たに陸上競技場などの屋外施設につきましても同日まで利用停止とさせていただくことといたしました。
 このたびの決定は、引き続き皆様にご不便やご迷惑をおかけするものでございますが、感染爆発や蔓延の長期化を防ぐため、ひいては市民の皆様の命を守るための措置でございます。どうかご理解を賜りますようお願い申し上げます。

                                              令和2年4月7日
                                             三郷市長 木津雅晟

〈市長メッセージ 令和2年4月3日〉
 
本日、市内に居住する2人の方が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。
 市民の皆様におかれましては、前回のメッセージでお伝えしましたとおり、こまめな手洗い、咳エチケットを行うとともに、換気が悪く、多くの人が密集し、近距離での会話や発声が行われるという三つの条件が同時に重なる場を避けるようお願いいたします。
 また、感染した方の人権侵害や風評被害はあってはならないことです。正しい情報に基づいた冷静な行動をお願いいたしますとともに、感染したかたの早期回復をお祈り申し上げます。

                                                 令和2年4月3日
                                                三郷市長 木津雅晟

   

〈市長メッセージ 令和2年3月31日〉

 本日、三郷市において新型コロナウイルスの感染事例が初めて確認されました。埼玉県の情報によりますと本市に居住する40代の男性です。
 市民の皆様におかれましては、このたびの発表に不安をお持ちのことと思いますが、引き続き、こまめな手洗い、咳エチケット、換気が悪く、多くの人が密集し、近距離での会話や発声が行われるという三つの条件が同時に重なるような場を避けるなど、感染予防に努めていただきますようお願いいたします。
 市では、引き続き、国や埼玉県などの関係機関と連携して対策を講じてまいりますとともに、逐次情報発信を行ってまいります。皆様には是非とも正しい情報に基づいて冷静な行動を心掛けてくださいますようお願いいたします。

   

令和2年3月31日
三郷市長 木津雅晟 

   

〈市長メッセージ 令和2年3月27日〉

 本市では、2月28日の政府からの要請を受け、3月2日から小・中学校を臨時休校としていました。3学期終わりの一か月間、登校できなかった子供たちにはとても残念な思いをさせてしまい、また、保護者の皆様には、大変なご心配とご苦労があったものと思います。
 こうした中、このたび、文部科学省から、「新型コロナウイルス感染症に対応した学校再開ガイドライン」が示され、このガイドラインに則り万全の感染症対策を講じた上で、新学期を始める準備をするよう通知があったことから、本市では4月8日から小・中学校を再開することといたしました。
 一方、東京都においては「感染爆発の重大局面」として、3月28日、29日の外出自粛を促すなどの対応を決め、東京都に隣接する埼玉県におきましても、同様の対応をとることになりました。
 埼玉県内においては感染者の増加傾向が続いておりますことから、不特定多数の方々が利用する市内屋内公共施設につきましては、4月末まで休館等を延長させていただくことといたしました。
 市民の皆様におかれましては、引き続き、ご不便・ご迷惑をおかけすることになり、大変心苦しい限りでございます。
 本市といたしましては、今後も、感染予防や蔓延防止対策に取り組んでまいりますので、皆様のご理解と引き続きのご協力を賜りますようお願い申し上げます。

令和2年3月27日
            三郷市長 木津雅晟

   

〈市長メッセージ 令和2年3月21日〉

 今年1月、新型コロナウイルスの国内感染が発表されて以降、国内での感染拡大は続き、本市では、「三郷市新型コロナウイルス対策本部」を設置し、市主催イベント等の中止や延期、小中学校の臨時休校を行うなど、感染拡大防止に努めてまいりました。 しかしながら、埼玉県内での感染者は増加を続け、さらに近隣市においても感染者が増加していることから、屋内公共施設等の休館や、保育所の卒園式、小中学校の卒業式を中止するなど、多くの皆様にご不便、ご迷惑をお掛けしております。
 特に、卒園生、卒業生の皆さんの新たな門出となる機会を中止せざるを得なかったことには大変胸を痛めているところであり、このような苦渋の対応も、市民の皆様の安全、安心を第一に考えたうえでの対応であることにご理解を賜りますよう切にお願い申し上げます。
 こうした中、3月19日、政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議から、「感染源が分からない患者数が継続的に増加し、こうした地域が全国に拡大すれば、どこかの地域を発端として、爆発的な感染拡大を伴う大規模流行につながりかねないと考えている」などとする見解が示されました。そのうえで今後の対策は、地域の感染状況に応じて進めていく必要があるとの提言がありました。
 これを受け、翌20日に開かれた政府の新型コロナウイルス感染症対策本部において、安倍首相は、大規模なイベントの開催については、引き続き、主催者に対して慎重な対応を求める考えを示すとともに、小中学校等の一斉休校要請を延長しない方針を決定し、文部科学省は、地域の感染状況に応じた新学期からの学校再開に向けたガイドラインを示す予定です。
 さらに、政府からは、国民の皆様に対し、換気が悪く、多くの人が密集し、近距離での会話や発声が行われるという3つの条件が同時に重なるような場を避ける行動を引き続きとっていただくようお願いがありました。
 本市といたしましては、今後も、感染予防や蔓延防止対策に取り組んでまいりますとともに、刻々と変化する状況を注視し、情報収集に努め、国や県と連携し対応にあたってまいりたいと思いますので、皆様のご理解と引き続きのご協力を賜りますようお願い申し上げます。

令和2年3月21日
            三郷市長 木津雅晟

   

〈市長メッセージ 令和2年2月21日〉

 今年1月に新型コロナウイルスの国内感染が発表されて以来、三郷市では関係各課の課長級による新型コロナウイルス対策推進会議を開催するとともに、関係機関と密な連携を図り、一丸となって感染予防や蔓延防止対策を講じてまいりました。
しかしながら、この新型コロナウイルスについては、国内での感染がなお広まりをみせており、さらなる対策強化のため、令和2年2月21日に「三郷市新型コロナウイルス対策本部」を立ち上げました。
このような感染症対策については、市民の皆様が正しい理解と行動を徹底し、「正しく恐れる」ことが大切だと認識しております。
市といたしましては、引き続き、正確な情報提供を行ってまいりますので、市民の皆様には、こまめな手洗いや消毒、咳エチケットを徹底されますようお願いいたします。
また、市内での新型コロナウイルス感染を未然に防止するため、市主催による不特定多数が集まるイベントや、高齢者や持病をお持ちの方、妊婦の方が参加する催し等につきましては、中止または延期とさせていただくこととなりました。
関係者の皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

令和2年2月21日
            三郷市長 木津雅晟