市民課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

5月25日以降のマイナンバーの通知カードの取り扱いについて

令和2年5月25日以降は、マイナンバーの通知カードの発行及び記載事項変更の手続きが廃止されます。
通知カードの記載事項(住所、氏名等)が住民票と一致している場合は、マイナンバーを証明する書類として引き続きご利用いただけます。
また、これまでどおり、マイナンバーカードの申請は行うことができます。


通知カードの手続きについて

5月25日以降は、通知カードの再交付申請や氏名・住所等の記載事項変更の手続きができなくなりますので、必要なかたは5月24日(日)までにお手続きをしてください。
また、通知カードを受け取っていない方は、市民課へ通知カードの保管状況を事前にお問い合わせのうえ、必要書類をお持ちいただき、お早めに、受け取りにお越しください。


今後の通知カードの取り扱いについて

○通知カードの氏名や住所等の記載事項が、住民票と一致している場合に限り、引き続きマイナンバーを証明する書類として使用することができます。

○通知カードの記載事項が住民票と一致していない場合、マイナンバーを証明するためには、顔写真付のマイナンバーカードを取得していただくか、マイナンバー記載の住民票の写し等を取得していただく必要があります。
(マイナンバーカードの申請方法はこちらをご覧ください。)

○5月25日以降、出生等により住民票に記載され、新たにマイナンバーが付番されたかたついては、通知カードに変わり「個人番号通知書」が送付されます。
・個人番号通知書は、マイナンバーを証明する書類として使用できません。
・すでにマイナンバーが付番されているかたは、個人番号通知書は送付されません。
・住民票の氏名・住所等に変更が生じても、個人番号通知書の記載の変更はできません。
・個人番号通知書は、紛失等しても再交付はできません。