危機管理防災課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

コロナ特設ページマスクケースリンク

新型コロナウイルス対策本部・市長メッセージ 令和2年4月28日

 市では、埼玉県からの学校臨時休業の延長要請を受け、市立小中学校の臨時休業を5月31日まで延長させていただくことといたしました。
 あわせて、5月7日に予定しておりました入学式を延期するとともに、児童クラブの登室自粛及び保育所の登園自粛のお願いも5月31日まで延長させていただきます。
 子ども達にとって学校や保育所に通えない期間が長く続き、再開を待ち望んでいた矢先での延長であることは十分に承知しておりますが、子ども達の健康と安全を第一に考えての対応でございます。何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

 国では「妊婦の方々などに向けた新型コロナウイルス感染症対策」として、妊婦の皆様への布マスク配布が予定されております。しかしながら、現時点で配布が遅れているとのことであり、個人や企業の皆様から寄付いただいた不織布マスクと市で備蓄しているものをお届けさせていただくことといたしました。
 妊婦の皆様におかれましては、健康管理に十分留意し、無事にご出産を迎えられますことを心よりお祈り申し上げます。

 このたび埼玉県は、新型コロナウイルス感染者の療養場所として、市内の宿泊施設を使用することを発表いたしました。
 埼玉県では、自宅療養中の無症状又は軽症の感染者を病院や宿泊施設で療養することへと方針を変更しており、このたびの決定は、これを推進するためのものと認識しております。
 この新たな方針は、無症状者や軽症者の病状が悪化した際に一早く対応でき、命を守ることにつながります。一方で施設周辺にお住まいの皆様の中には、不安を感じる方もいらっしゃると思いますが、宿泊施設を使用した療養は県内ですでに行われており、近隣住民の安全に万全を期した方法で実施されております。
 市といたしましては、地域の皆様の安全を最優先に考え、迅速かつ適正に対応してまいります。

 今後も市では、新型コロナウイルスの感染拡大防止に全力で取り組んでまいります。
 市民の皆様におかれましては、こまめな手洗い、咳エチケット、3つの密を避けるなど、すでにご協力いただいていることに加え、新たに政府専門家会議から示されております、大型連休中は旅行や帰省をせずに自宅で過ごす、買い物などの必要な外出も最小限とする、などについてもご協力くださいますようお願いいたします。

                                             令和2年4月28日
                                            三郷市長 木津雅晟