健康推進課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

熱中症対策として日傘を活用しましょう!

気象庁の観測による埼玉県内の地上気温は、年々上昇してきています。1989年から2016年までの間は100年当たり2.03℃の割合で気温は上昇してきています。これは、地球温暖化による気温上昇と都市化の進行に伴う都市ヒートアイランドの強化による気温上昇によりよるものと考えられています。

日差しが強い中、徒歩で移動される方向けに日傘の活用をしていただくため、実際に日傘を使うとどれほど違うのか実験してみました。

【実験内容】
日傘を差さない状態で1分間静止してから前頭部を計測し、日傘を差して1分間静止後、再計測します。
(実験前の前頭部表面温度36.2℃)

【計測日時】
2020年7月2日 13:15

【気象データ(地域気象観測システム(アメダス)) 】
越谷観測所13時 温度:31.4℃、WBGT28.2℃(厳重警戒)
熊谷観測所13時 湿度:56%
※湿度は越谷観測所では計測していないため、熊谷観測所のデータを参考とします。

【計測場所】
三郷市役所 健康福祉会館駐車場(アスファルト)
地表温度:日陰 27.4℃、日なた38.4℃

【実験結果】
日なたで日傘を差さない状態で1分後、36.2℃から42.0℃まで上昇しました。(+5.8℃)
日傘を差してから1分後、42.0℃から36.9℃まで低下しました。(-5.1℃)

調整中 調整中

【コメント】

今回は1分間と短い実験でしたが、日傘を差さずにいると直射日光が頭に当たり、長時間浴び続けるとめまいがしそうなほどの強い日差しでした。日傘を差すと日陰にいるような涼しさを感じ、普段から持ち歩いている雨天用の折り畳み傘をこの日傘(折り畳み日傘兼雨傘)に買い替えて、日差しの強い日に活用したいと思いました。
また、人が多い場所で日傘を使用する際は、傘の先端が周囲の人に当たらないように気をつけましょう。

【リンク】

三郷市 熱中症にご注意ください!!

https://www.city.misato.lg.jp/7093.htm

三郷市 熱中症予防協力店・協力施設

https://www.city.misato.lg.jp/6971.htm

熱中症対策として速乾涼感タオルを活用しましょう!

http://www.city.misato.lg.jp/item/37294.htm#moduleid3977

埼玉県 熱中症を予防しましょう
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0704/netsuchusyo/index.html
環境省熱中症予防情報サイト 気象庁 熱中症に注意 
http://www.wbgt.env.go.jp/
暑さ指数(WBGT)
http://www.wbgt.env.go.jp/wbgt.php
環境省熱中症環境保健マニュアル
https://www.wbgt.env.go.jp/pdf/manual/heatillness_manual_full.pdf

健康推進課 健康づくり係 930-7771 (直通)