国保年金課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

マイナンバーカードの健康保険証利用について

令和3年10月20日からオンライン資格確認の本格運用が開始

 オンライン資格確認の開始により、事前に登録(初回登録)をおこなえば、マイナンバーカードを健康保険証として利用することができるようになりました。
 詳しくは、「マイナンバーカードの健康保険証利用について」をご覧ください。

ご利用にあたって

 マイナンバーカードを健康保険証として利用するには、事前登録(初回登録)が必要です。
パソコン(ICカードリーダーが必要)やスマートフォンを利用して、マイナポータルからご自身で健康保険証利用の事前登録を行うことができます。
登録方法は、「マイナポータル特設サイト」をご覧ください。
 なお、パソコンやスマートフォンをお持ちでない場合は、全国のセブン銀行ATMでも登録が可能です。
詳しくは「セブン銀行ATMからの申込方法」をご覧ください。

オンライン資格確認とは

 健康保険の資格情報等を一元管理し、マイナンバーカードや健康保険証をもとに、医療機関等が加入者の医療保険資格をオンラインで確認できる仕組みです。

●医療機関や薬局での受付事務の効率化が期待できます。

●マイナポータルで、ご自身の薬剤情報や特定検診情報を確認出来るようになります。

●限度額適用認定証を提示しなくても、医療機関等での支払いに限度額等が適用されます。

●所得税の確定申告の際、マイナポータルにて医療費情報を取得し、医療機関等の領収書が無くてもお手続きが出来ます。

ご注意ください

●事前登録されていても、 オンライン資格確認の機器が導入されていない医療機関等では引き続き健康保険証での受診が必要です。
 導入医療機関等は、「マイナンバーカードの健康保険証利用に対応する医療機関」をご覧ください。

●マイナンバーカードのICチップ内の電証明書を使用するため、12桁のマイナンバーは使用しません。医療機関等窓口でもマイナンバーカードをお預かりすることもありません。

オンライン資格確認開始後も、国民健康保険への加入及び脱退の届出はこれまでどおり必要です。また、 国民健康保険証等も従来どおり交付されます。