病院案内

日本中毒情報センター(中毒110番)について

 日本中毒情報センター(中毒110番)では、化学物質(タバコ、家庭用品など)、医薬品、動植物の毒などによって起こる急性中毒について、実際に事故が発生している場合に限定し情報提供をしています。
※くわしくは、日本中毒情報センターのホームページをご覧ください。

▼つくば中毒110番(ダイヤルQ2)365日午前9時から午後9時まで対応
TEL029−852−9999 
▼大阪中毒110番(ダイヤルQ2)365日24時間対応
TEL072−727−2499
▼たばこ専用電話(テープによる情報提供)365日24時間対応
TEL072−726−9922

  ただし、以下のようなものについては受け付けていませんのでご注意ください。

○慢性中毒(薬物依存、薬物乱用、環境汚染など)
○医薬品の常用量による副作用・ショック
○催奇形性・胎児への影響
○放射性同位元素
○細菌性食中毒、寄生虫
○イヌ、ネコ、ネズミによる咬傷(感染が問題となるもの)
○虫:ゴキブリ、カタツムリ、ナメクジ、ハエ、カ、ミミズなど
○糞尿
○異物:通常、成分が消化管で吸収されて急性中毒を起こすことはなく、主として物理的障害が問題となるもの
異物の例 押しピン、釘、ホッチキスの針、ピアス、パチンコ玉、磁石、硬貨、紙類、ラップ類、アルミ箔、発泡スチロール、医薬品のPTP包装、ガム、輪ゴム、消しゴム、おもちゃの部品(例えば ネジ,タイヤ)、プラスチック(例えば スプーン,フォーク)、ガラス(例えば おはじき,ビー玉)、金具、石、土砂など

中毒110番への問い合わせにあたって
  情報提供には正確な情報把握が必要です。迅速な情報提供のためつぎのことにご留意のうえ電話してください。 特に中毒原因物質の特定は重要ですので、できれば商品等を手元にお持ちのうえ電話してください。
つぎの項目などをお尋ねいたします。
○患者の氏名、年齢、体重、性別
○連絡者と患者との関係、連絡者の電話番号
○中毒原因物質(正確な商品名、会社名、用途)
○中毒事故の発生状況(摂取量、摂取経路、発生時刻)
○患者の状態

[ホーム]