消防・救急マメ知識

心肺蘇生法

いざという時のために、あなたも心肺蘇生法を身につけましょう。!

心肺蘇生法の実技編

 大切な人が急に倒れた。このような時、あなたが出来ることはなんですか?
 重症不整脈などにより突然に心臓が止まった人の命を救うためには、心肺蘇生や除細動を速やかに行うことが重要です。
 心肺蘇生法とAED(自動体外式除細動器)について説明します。

1.反応の確認


 「大丈夫ですか?」と大声で呼びかけながら肩を軽くたたきながら反応を見ます。目を開けたり、何らかの反応があれば「反応あり」、何も反応がなければ「反応なし」と判断します。


2.助けを呼ぶ・119番通報とAEDの手配



 反応がなければ周囲に大きな声で「誰か来てください」と助けを求め、協力者に「あなたは、119番に連絡してください」「あなたは、AEDを持って来て下さい」と具体的に指示します。


3.呼吸をみる


10秒以内で、胸と腹部の動きをみて、普段通りの呼吸をしているか確認します。


4.胸骨圧迫

 胸骨圧迫の手の位置は、胸の真ん中(左右の真ん中で、かつ上下の真ん中)に両手を重ねて、胸が5p沈む強さで圧迫し、1分間に100回から120回の速さで30回押します。




5.気道の確保


空気が鼻と口から肺に達するまでの通路を開くために指先で、顎を上にあげる様にして(頭部後屈あご先挙上法)、空気の通り道を確保します。

                       
                      

6.人工呼吸


 気道を確保したまま、額に当てた手の親指と人差し指で相手の鼻をつまみます。口を大きく開けて相手の口を覆い、空気が漏れないようにして相手の胸が軽く膨らむ程度に息をゆっくりと2回(1回につき、1秒をかけて)吹き込みます。


7.心肺蘇生法

 胸骨圧迫30回、人工呼吸2回の割合で別の救助者と交代するか救急隊と交代するまで繰り返し行ってください。


8.AED到着したら横に置く  9.AEDの電源を入れる

AED到着したら横に置く AEDの電源を入れる
 傷病者の胸の横に置き、ふたを開けます。  電源ボタンを押します。(ふたを開けると自動的に電源が入る機種があります。)


10.電極パッドを貼る

電極パッドを貼る 電極パッドを貼る
 傷病者の衣類を取り除き、胸を裸にします。その時に、胸に貼り薬(ニトログリセリン等)が貼ってあれば、はがします。
 胸が汗や水でぬれている場合には、タオル等で拭き取ります。
 胸の皮膚が盛り上がって、触ると固いものが触れる場合には、心臓ペースメーカーや埋め込み式除細動器が埋め込まれいるので、離して電極パッドを貼ります。


電極パッド 電極パッドを貼る
 電極パッドを貼り付ける位置は、電極パッドに絵で示されています。
 電極パッドの袋を開封して電極パッドのシールをはがし、粘着面を胸にしっかりと貼ります。


11.除細動(電気ショック)の指示が出たら除細動ボタンを押す

除細動(電気ショック)の指示が出たら除細動ボタンを押す

 電極バッドを貼ると心電図の解析が始まり「離れてください!」と音声メッセージが出たら「みんな、離れて!」と周囲の人に注意を促し傷病者に触れていないことを確認します。AEDが除細動を加える必要があると判断した場合に「電気ショックが必要です。」と音声メッセージが出たら「みんな、離れて!」と周囲の人に注意を促し傷病者に触れていないことを確認し除細動ボタン(点滅ボタン)を押します。
 心肺蘇生法を直ちに再開してください。
 2分後に解析が開始されますので音声ガイドにしたがってください。

注 意
AED(自動体外式除細動器)は、薬事法の医療機器です。
使用には、音声ガイドにしたがってください。

心肺蘇生法一連の流れ
回復体位(反応は無いが普段通りの呼吸がある場合)

心肺蘇生法動画
※上記ユーチューブが表示されないときにご利用ください。
反応の確認(ファイル形式 wmv:12.5MB)
反応確認〜AED手配(ファイル形式 wmv:19.3MB)
呼吸の確認(ファイル形式 wmv:9.27MB)
胸骨圧迫(ファイル形式 wmv:33.7MB)
胸骨圧迫と人工呼吸(ファイル形式 wmv:24.4MB)
AEDの使い方(ファイル形式 wmv:73.8MB)
一連の流れ(ファイル形式 wmv:87.8MB)

 
               講習会・資格試験「救命講習」の案内

[ホーム] [もどる]