予防初級課程・警防中級課程を実施

 
 当市では、多くの経験豊富な職員が退職する時期を迎え、消防力の低下が懸念されていることから、予防(火災調査及び査察)についての知識・技術を、経験の浅い職員に伝承することを目的に入署4〜7年目職員を対象に予防初級課程を11月に3日間(合計6日間)実施しました。
 また、入署10〜17年目職員を対象に災害現場に最先到着した中隊長及び小隊長としての役割、消防部隊の連携活動、災害活動の伝達手段として必要不可欠となる無線運用について必要な知識と技術を習得することを目的に中級課程を11月に3日間(合計6日間)実施しました。



        【中級課程・図上訓練の様子】


    

問い合わせ
 消防署рO48(952)3122


[ホーム] [もどる]