高機能通信指令システム運用開始

 消防本部では、消防緊急通信指令システムの高機能化を図り、平成26年3月1日から運用を開始しました。
 市は、急速な都市開発が進み、人口・世帯数及び市内の自動車交通量が大幅に増加しています。
 携帯電話等の普及により119番緊急通報は、毎年増加、輻輳する傾向にあり、災害事象も複雑化してきていることから、同システムの高機能化を図るとともに、緊急通報受付台を2席から4席へ増設しました。
 新システムの大きな特徴は、全地球測位システム(GPS)を消防救急車両に搭載し、車両位置情報をリアルタイムに確認ができることで、災害現場に最も近い車両を出場させることが可能となり、現場到着時間の短縮が期待できます。また、119番通報する電話(NTT固定電話、IP電話、携帯電話)から発信者の位置情報が特定できる統合型発信地位置情報システムを導入しました。


新指令室の風景
 



問い合わせ 指令課TEL048−952−1211 

[ホーム] [もどる]