三郷第九合唱団 【歌】

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

 基本情報

団体ホームページURL ➣ http://www12.plala.or.jp/suet1941/

 

団体メッセージ

 三郷第九合唱団は、毎年ベートーヴェンの「第九」を三郷市文化会館大ホールでオーケストラをバックにして歌うことを目標にしています。

 日常は、「第九」だけではなく、いろいろな歌を練習します。これまで、ミュージカル(屋根の上のヴァイオリン弾き、サウンド・オブ・ミュージックなど)やNHK朝ドラ主題曲(麦の唄、若い広場など)も歌ってきました。

 団員数は35名、うち男声が13名です。

 合唱団の雰囲気は、まさに和気あいあいですが、もう少し緊張感があっても良いかもしれません。

 「第九」というと敷居が高いというイメージもありますが、どなたも最初は初心者です。

 まずは有名な「歓喜の歌」を覚えていただければ、演奏会が終わった後の宴会には十分です。

 是非、一緒に歌いましょう。

 

 【三郷第九合唱団の練習模様をご紹介します。】

  

①ボイストレーニングを月2回(約30分)行っています。

講師は二期会所属のM先生です。先生の美しい声を披露できないのが残念です。

 

 ②ボイストレーニングがないときは当団所属のY先生が柔軟体操とハーモニー(約30分)を行っています。女声パート(ソプラノ【高音】、アルト【低音】)と男声パート(テナー【高音】、バス【低音】)の4声による発声(ハーモニー)を行います。

決まれば気持ちの良い音になります。

 

  

③全員による合唱練習。

コロナ禍の中なので指導者も合唱団員もマスクをしています。

また、換気のため窓やドアは全開での練習です。

 

④パートごとにも練習をします。

バスパートの練習風景。良い男?が揃っています。会議ではありません。

 

  

⑤毎年、三郷市合唱連盟主催の「合唱祭」に参加しています。

2022年3月27日に開催された合唱祭では、「地球星歌・子供の詩・民衆の歌」

を歌いました。

 

 

⑥年末には「第九演奏会」が行われます。

三郷第九合唱団と公募の方々を加えた合唱団による2021年の本番での写真です。

高校生を含めた老若男女の混成合唱団です。

このような迫力のある演奏会をこれからも続けていきたいと思います。

そして、マスクを早く外して歌いたいですね。

 

 

 是非、一緒に歌いませんか!

 歌いたい方であれば、どなたも大歓迎です!

 ホームページもあります。基本情報欄にアドレスの記載がありますので、一度アクセスしてみてください。