水道料金業務の沿革

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替



















 水道料金業務の沿革

  昭和32年   4月    水道料金決定(彦成簡易水道事業)  
         
  昭和40年   5月   水道料金改定(基本料金、超過料金改定) 
         
  昭和42年   4月   水道料金改定 (臨時用及び公立学校プール用料金追加、メーター器使用料新設) 
         
  昭和44年  10月   分担金新設 
         
  昭和48年   4月   分担金改定 
         
  昭和50年   4月   水道料金改定(料金体系変更、逓増料金制導入)、分担金改定
         
  昭和51年   4月   口径別分担金に変更
         
  昭和53年   4月   水道料金改定(改定率平均35.5%)、分担金改定
         
  昭和56年   4月   水道料金改定、メーター器使用料廃止
         
  昭和58年   4月   下水道使用料と水道料金の併合徴収開始
         
  昭和62年   4月   水道料金調定業務電算化
         
  平成 5年   4月   水道料金改定及び消費税(3%外税)転嫁 (改定率平均21.85%) 
         
  平成 9年   4月   消費税及び地方消費税率5%に引上げ
         
  平成10年   4月   水道法の改正に伴い三郷市給水条例改正(給水装置工事事業者制度開始)
         
        分担金に口径40mm新設、手数料改定
         
  平成10年   7月   検針業務及び上・下水道料金収納業務法人委託開始
         
  平成14年   1月   コンビニエンスストアでの上・下水道料金の収納開始
         
  平成14年  11月   口座振替方式を磁気テープからデータ伝送方式に変更
         
  平成16年   4月   組織機構改善実施(3課から2課へ)
         
  平成19年   6月   分担金改定 口径30mm、口径100mm新設
         
  平成26年   4月   消費税及び地方消費税率8%に引上げ
         
  平成30年   6月   スマートフォンアプリによる収納開始
         
  令和 元年  10月   消費税及び地方消費税率10%に引上げ
         
  令和 3年   1月   クレジットカード払いによる収納開始(収納は同年3月から)