がんばろう企業応援事業補助金

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

令和4年4月1日より

令和4年度分の受付を開始しました。


【制度概要】

中小企業の振興を図るため、経常的な事業の一環を超える、新規性のある取り組みを行う市内中小企業者に対し、必要な経費の一部を補助する制度です

 

詳しくはこちらをご確認ください↓

制度案内+申請の手引き【R4】.pdf(1126KB)

【補助対象者】
◆中小企業者(※1)であること
◆個人事業者 市内に1年以上住所を有し、本市で引き続き1年以上事業を営んでいるかた
◆法人事業者 市内に本店登記後1年以上経過し、本市で1年以上事業を営んでいるかた
◆個人、法人事業者ともに市税を完納しているかた


※中小企業基本法における中小企業者に該当するもの

社会福祉法人、医療法人、特定非営利活動法人等は対象外となります。

詳細につきましては下記中小企業庁ホームページ、「FAQ中小企業の定義について」をご確認ください。

https://www.chusho.meti.go.jp/faq/faq/faq01_teigi.htm#q2

 

【対象事業】
以下の趣旨をすべて満たす取り組みが対象です。
①新製品、新技術又は新商品の研究又は開発を行う事業(※1) 
 または経営力の強化のために行う事業(※2)
②経常的な事業の一環をこえる、新規性のある取り組みであること
③申請時点において未着手であり、同年度3月10日までに実績報告まで含めて完了する事業


【補助対象経費】
(1)専門家技術・経営指導費 (2)産業財産権取得導入費 (3)検査試験費 (4)産学共同研究費 (5)新規国際認証資格取得費 (6)原材料費 (7)資料購入費 (8)機械装置等借入・購入費 (9)外注設計加工費 (10)店舗改修費 (11)物品購入費 (12)広告宣伝費 (13)産業見本市等出展費用 (14)従業員研修費用(受講料)
・対象経費の1/2
・上限30万円(新製品、新技術又は新製品の研究又は開発のみ上限50万円)

※(1)専門家技術・経営指導費のみ上限10万円

※(14)従業員研修費用(受講料)のみ従業員一人当たり上限2万円
  
 

○補助対象外の経費の例
・上記「補助対象経費」以外の経費
・市場価格の相場と比較し、著しく高額な見積りで支出される費用

 (場合により、申請者、支払先、関係機関にヒアリングを行う場合があります。)

・過去に同補助事業を活用した事業に対する経費

・消耗品費、交通費、各種手数料

・補助事業に係わる見積書、契約書、請求書、領収書等が不備の経費

・経常事業・取引と混合して支払いが行われる経費

・他の取引と相殺して支払いが行われる経費

・手形、小切手、クレジットカード、ポイントにより支払いが行われる経費

・親会社、子会社、グループ企業等関連会社(資本関係にある会社・役員を兼務している会社等)に支払う経費

・販売商品の購入経費及びその原材料費の購入経費や直接人件費

・通信費、水道光熱費など間接的な経費

・賃料、敷金、礼金、保証金などの不動産関連経費

・各種法令に違反する経費

・古くなった物品の買い替え等、単に更新に係る費用 

・資金調達が主目的である事業に係る経費

・その他、公費負担が適切でないと考えられる経費

  

【申請方法】
下記申請書類をご用意の上、市役所2階商工観光課に提出(郵送可)
・補助金交付申請書(市の指定様式)
・事業計画書(市の指定様式)
・法人全部事項証明書(法人)又は営業届出済証明書(個人)
・市税納付状況調査同意書(様式第1号の2)
・補助申請事業に係る見積書
・補助申請事業に係る写真、パンフレット等
 
※補助金の受付は予算が満額に達し次第終了します。
 

【申請様式】

がんばろう補助金交付申請書、事業計画書.doc(73KB)

市税納付状況調査同意書.doc(32KB)

制度案内+申請の手引き【R4】.pdf(1126KB)

 

【報告様式】

がんばろう補助金実績報告書.doc(33KB)

がんばろう補助金事業成果報告書・経費明細書.doc(42KB)

 

【問合せ・申請先】

市民経済部 商工観光課 商工労政振興係

341-8501 三郷市花和田648-1 三郷市役所2階

☎048-930-7721