健康推進課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

【予防接種】接種時期を迎えたら早めに接種しましょう

 定期予防接種の接種時期を迎えたら

遅らせずに、予定どおり受けましょう!

 

~新型コロナウイルス感染症が気になる保護者のかたへ~


 子どもの予防接種は、「不要不急」ではありません。

 

 子どもの予防接種の接種時期などは、感染症にかかりやすい年齢などをもとに決められています。

特に、生後2か月から予防接種を受け始めることは、お母さんからもらった免疫が減っていくときに、赤ちゃんがかかりやすい感染症(百日せき、細菌性髄膜炎など)から赤ちゃんを守るためにとても大切です。

 予防接種を遅らせることによって、免疫がつくのが遅れ、重い感染症になるリスクが高まるため、接種時期を遅らせずに、早めに接種をしましょう。

 

  市内指定医療機関によっては、一般の受診患者と別の時間帯や場所で受けられる医療機関もあります。

 あらかじめ電話予約をしたうえで受診することをおすすめします。

 また、望ましい接種時期に接種を進められるよう、予防接種自動スケジューラーをご活用ください。

 

 

法律等で定められている予防接種一覧 こちらをご確認ください。

遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診(厚生労働省)

定期/任意予防接種スケジュール

 

 

【問い合わせ先】 

健康推進課健康づくり係

048-930-7771(直通)