ホストタウン交流事業(令和4年度)

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

令和4年度JOCオリンピック教室を開催しました

 三郷市では平成24年からオリンピック出場経験アスリート(オリンピアン)が講師となり、オリンピアン自身の様々な経験を通じて「オリンピズム」や「オリンピックの価値」を伝えるJOCオリンピック教室を開催しています。

 令和4年1月13日(木)には、オリンピックを契機としたスポーツ振興、教育文化の向上を図る効果を高め、さらなるオリンピック・ムーブメントの醸成を図ることを目的とし、公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)とパートナー都市協定を締結しました。

 令和4年10月27日(木)、28日(金)は南中学校にてJOCオリンピック教室を実施しましたので、詳細につきましてはこちらをご覧ください。

 

 

 

ららぽーと新三郷×三郷市 市制施行50周年記念

MISATO FESTAを開催しました

 

11月26日(土)から27日(日)の2日間に渡りららぽーと新三郷にてMISATO FESTAを開催しました。

ホストタウン交流先のギリシャや市の名産品等を販売する物産展を行うほか、市にゆかりのある演奏者に加え、近隣高等学校の吹奏楽部、軽音楽部による音楽ライブを実施しました。

当日の様子

【開会セレモニー11月26日(土)

木津 雅晟市長による開会宣言

 

【ギリシャ物産展 11月26日(土)】

ギリシャ産食品やビューティーケア製品、ギリシャをテーマにした市内菓子店によるコラボ商品等の販売を行い、ギリシャの魅力を幅広くご紹介しました。

ギリシャのお守り「マティ」のクラフト体験は今回も大人気でした。

 

【三郷市観光物産展 11月27日(日)】

        市内店舗の銘菓等の販売を行い、三郷市の魅力をPRしました。


【MUSIC LIVE(両日)】

2日間に渡り市にゆかりのある演奏者に加え、近隣高等学校の吹奏楽部や

軽音楽部による音楽ライブを実施しました。

 

ギリシャ物産展開催概要

三郷市のホストタウンであるギリシャ共和国の産品を通じて、ギリシャの魅力を幅広くご紹介する物産展を開催します。

 

日  時:11月26日(土)午前10時~午後6時

場  所:ららぽーと新三郷1階屋内広場 

出 展 者 :・ノスティミア

     ・㈱カリメーラ

     ・㈱ケイアンドエム

     ・NOSTRUM(ノストラム)

     ・(一社)三郷市観光協会

内  容:ギリシャ産オリーブオイル、はちみつ、ワイン、チーズ、ビューティーケア製品、ギリシャを

     テーマにした市菓子店によるコラボ商品、市キャラクターのグッズ販売や、ギリシャのお守り

     「マティ」を使ったクラフト体験等

     ※内容は予告なく変更となる場合がございます。

問い合わせ:「三郷市ホストタウン交流実行委員会」事務局の三郷市企画調整課 

      ☎(930)7829

 

過去開催の様子

 

三郷市観光物産展開催概要

日  時:11月27日(日)午前10時~午後6時 

場  所:ららぽーと新三郷1階屋内広場

内  容:市内店舗の銘菓等の販売

     ※内容は予告なく変更となる場合がございます。

問い合わせ:(一社)三郷市観光協会

      ☎(930)7821

詳細は(一社)三郷市観光協会ホームページをご覧ください。

過去開催の様子

MUSIC LIVE開催概要

出演者、プログラムスケジュール等の詳細はららぽーと新三郷ホームページをご覧ください。

 


 

「つくってみよう!はじめてのギリシャ料理♪」を開催しました

 11月13日(日)ピアラシティ交流センターでギリシャ料理講座の「つくってみよう!はじめてのギリシャ料理♪」を開催しました。今回の料理講座は午前と午後の2部制で開催し、三郷市食生活改善推進員協議会のメンバー7人が講師として、参加者の15人にギリシャ料理の調理方法を教えました。

 参加者の皆さんからは「楽しかった。ギリシャの食について知る良い機会になった」、「食材も健康に良いものを使っていて、家でも作ってみたい」などの感想をいただきました。

【当日の様子】

  

  

【ギリシャ料理教室概要】

ホストタウン交流先であるギリシャの伝統料理を作る料理教室を開催します。

ヘルシーで美味しいギリシャ料理を一緒に作ってみませんか?

 

 

※写真はイメージです


日時:11月13日(日)①午前10時~午後0時30分 ②午後2時~午後4時30分

場所:ピアラシティ交流センター

内容:「ムサカ」などのギリシャ料理

講師:三郷市食生活改善推進員協議会

参加費:1000円

対象:16歳以上(市内在住、在勤、在学の方)

定員:各8人(申し込み順)

持ち物:エプロン、三角巾、布巾2枚、スリッパ

申し込み:10月29日(土)午前10時~

     電話でピアラシティ交流センターに直接お申し込みください。

     ピアラシティ交流センター TEL:(954)7294

問い合わせ:三郷市企画調整課 TEL:(930)7829

 

 

三郷市食生活改善推進員協議会対象のギリシャ料理講座を実施しました

 8月25日(木)食を通じた地域の健康づくり活動や食育を推進している三郷市食生活改善推進員協議会の皆さまを対象に、ギリシャ料理講座をピアラシティ交流センターで実施しました。
 今回は、ピアラシティ交流センター管理栄養士の方を講師としてお迎えし、バリエーション豊かなギリシャ料理5品を作りました。


【メニュー】
・ムサカ(ギリシャ伝統のナスとジャガイモの重ね焼き)
・レンズ豆のスープ(ギリシャではよく食べられているレンズ豆を使ったスープ)
・スブラキ(ギリシャの串焼き)
・ザジキ(きゅうり、ヨーグルト、にんにく等を使って作るディップ)
・タラモサラタ(ジャガイモ、タラコ、オリーブオイル等をペースト状にしたディップ)


 ギリシャ料理は野菜やハーブ、オリーブオイル等の自然の恵みをふんだんに使ったヘルシーかつ素材を生かした美味しさが魅力です。調理室には良い香りがいっぱいに広がり、まるでギリシャを旅している気分に。
 料理講座にご参加いただいた三郷市食生活改善推進員協議会の皆さんは熱心かつ和気あいあいと、ギリシャ料理作りに励んでいました。
 今後は一般の皆さまにもご参加いただけるギリシャ料理講座を開催する予定です。

 

 

ギリシャ陸上選手団事前トレーニングキャンプ1周年記念展示を開催します

 

※本展示は終了しました。ご来場ありがとうございました。

 東京2020オリンピック競技大会の際に市内で実施した、ギリシャ共和国陸上競技選手団事前トレーニングキャンプの1周年を記念した展示を行います。

 選手団のトレーニング風景や大会本番のパネル展示をはじめ、金メダルを獲得した、男子走り幅跳びミルトス・テントグル選手のメッセージ動画やサイン入りTシャツ等を展示します。

 

【日時】7月20日(水)~8月1日(月)

【場所】ららほっとみさと

 

  

 

展示の様子

 

文化交流プログラムを開催しました

  6月28日(火)新和小学校にて「文化交流プログラム」を開催しました。

 文化交流プログラムとは、駐日ギリシャ大使館職員を講師としてお招きし、ギリシャ共和国やオリンピックへの理解を深める講演を行うもので、三郷市では平成29年度からホストタウン交流事業の一環として実施しています。

 今回は、約3年ぶりの開催となり新和小学校6年生児童を対象に実施しました。参加児童たちは、駐日ギリシャ大使館職員をギリシャ国歌や国旗で歓迎し、ギリシャの文化や歴史にまつわる講演に真剣に耳を傾けていました。

 また、講演の後にはギリシャ人大使館職員による発音指導のもと、ギリシャ陸上選手団に届ける応援メッセージを撮影し、児童たちは「ΠΑΝΤΑ ΕΠΙΤΥΧΙΕΣ パンダ エピティヒエス!」(ギリシャ語で「いつも成功を祈っています」の意味)と元気いっぱいにエールを送りました。

児童たちによる応援メッセージはこちらからご覧いただけます

 

 

~読書でつながる三郷市とギリシャ~

ららぽーと新三郷で「全国家読ゆうびんコンクール作品展」開催しました

 

 三郷市は「日本一の読書のまち」を宣言し、読書にまつわるさまざまな取り組みをしています。本の感想を家族に絵と文章で伝える「家読ゆうびん」は毎年コンクールも開催。
 令和4年6月6日(月)から6月19日(日)にかけて、令和3年度「全国家読(うちどく)ゆうびんコンクール」特別賞受賞作品をはじめ、入選作品を、ららぽーと新三郷で展示しました。
 ギリシャの生徒さんからいただいた読書ゆうびんも展示し、国際色豊かな展示となりました。

 

「全国家読ゆうびんコンクール作品展」展示の様子

 

  

 

 

 

市制施行50周年スポーツセミナーにて

「ホストタウン交流PRブース」として出展しました

 

 令和4年6月11日(土)にセナリオハウスフィールド三郷において開催した市制施行50周年スポーツセミナーにて「ホストタウン交流PRブース」として出展をしました。

 

 ブースでは東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレートーチを手に持ち、実際に東京大会で使用された表彰台に乗って写真が撮れるフォトスポットを設置しました。

 親子連れをはじめとした多くの方が記念撮影を行い、参加者からは「初めてトーチを持つことができ貴重な体験となった」、「1年前の東京2020大会を思い出した」などの感想をいただきました。

 

 

 また、ギリシャ交流サポーターのSNSをチェックするかフォトスポットで撮影した写真を投稿していただいた方に「ギリシャかいちゃんメダルクッキー」を差し上げる、「ギリシャ交流サポーターSNSキャンペーン」を同時開催しました。

  

▶ギリシャ交流サポーターのSNS(Facebook・Instagram)の詳細は下記URLからご覧いただけます。(ギリシャ交流サポーターでは三郷市とギリシャ共和国のホストタウン交流の情報を発信しておりますので是非ご覧ください。)

https://www.city.misato.lg.jp/10819.htm


 

 

 

ギリシャオリンピック委員会から陶器が寄贈されました

 

 令和4年5月22日(日)に三郷市文化会館において開催した「三郷市市制施行50周年式典」にて、ギリシャオリンピック委員会スピロス・カペラロス会長から ディミトリオス・カラミツォス-ジラス駐日ギリシャ特命全権大使を通じ、三郷市とギリシャ共和国の絆の証として、紀元前3世紀の古代オリンピックで10回優勝した勝者イロドロスが描かれた陶器をいただきました。

 寄贈された陶器につきましては、今後多くの方にご覧になっていただけるよう展示を検討中です。

  

 

 

陶器について

 この陶器は古代オリンピックで聖火を採火した場所から第一走者が待つ場所まで聖火を運ぶための容器であり、その陶器を忠実に再現したものです。

 東京2020オリンピック競技大会を含めた近代オリンピック4大会では、昔と同じく聖火を古代競技場で待つ第一走者に運ぶために使用されました。

 

東京2020オリンピック聖火採火式の様子(ギリシャ オリンピア)

 

陶器に描かれた人物について

~メガラのイロドロス 紀元前43世紀のオリンピック勝者~

 イロドロスは古代オリンピック(オリンピア大祭)で度々優勝したメガラ出身の古代ギリシャ人です。紀元前328年の第113回大会から紀元前292年の第122回大会までの10大会において、ラッパの吹奏競技で勝利を収めました。また、古代オリンピックと並びギリシャ四大大祭と言われたピュティア大祭、ネメア大祭、イストミア大祭においても同競技で優勝したことから、ペリディオニキス(すべての大会の勝者)と命名されました。

 歴史学者によると、イロドロスは巨漢で肺が非常に強く、ライオンの皮の上に寝ていたと言われています。ラッパの名手であることから、オリンピックの開会や閉会、また表彰式の合図にラッパを吹く役も担っていました。

イロドロスが描かれたこの陶器は、リオ大会(2016)と東京大会(2020)、また冬期オリンピックのピョンチャン大会(2018)と北京大会(2022)の計4回の近代オリンピック競技大会で使用されました。

 

 

 

 

 

 ~東京2020表彰台レガシープロジェクト~

東京2020オリンピックで使用された表彰台を展示しています

 

 

 このたび、東京2020組織委員会から「表彰台レガシープロジェクト」(※)として、東京2020大会で使用された表彰台が三郷市に寄贈されました。

 寄贈された表彰台は、有明体操競技場で行われたオリンピックの体操競技、トランポリン、新体操の種目で使用された金メダルの表彰台にあたります。

 展示では、体操男子個人総合、種目別鉄棒で金メダルを獲得した橋本 大輝選手が実際に本表彰台に登壇した際のバナー背景を作成し、フォトコーナーとして市民の皆さんが記念写真に利用できるようになっております。

  

       三郷市役所 本庁舎1階での展示の様子       三郷市総合体育館での展示の様子

 

展示概要

 

【 内 容 】 東京2020オリンピック表彰台(120㎝×120㎝)

    メダルスタンド、メダルトレイ、表彰台証明書

    QRコード(メイキング等の映像視聴用)

【期間・場所】 4月15日(金)~5月15日(日):三郷市役所 本庁舎1階 市民ホール ※終了しました

        5月15日(日)以降:三郷市総合体育館

 

※表彰台レガシープロジェクトについて

 

 メダリストが登壇した表彰台を会場所在自治体等に届けることにより、大会開催への支援に対する謝意及び将来へ向けた大会レガシー促進のため、ユニット単位で表彰台を譲渡するプロジェクト。プロジェクトを通し、スポーツを通じた地域活性化の促進や地域住民の方々に対して東京2020大会を振り返る機会を提供し、また、表彰台の製作過程やそれに関わった人々の思いを通じて、表彰台のデザイン、最先端技術、そしてSDGsへの理解を深めるための多様な機会を提供するもの。

 

 

 

 

ららぽーと新三郷において「三郷市×ギリシャ物産展」を開催しました

 

「三郷市×ギリシャ物産展」 当日の様子

 4月23日(土)にららぽーと新三郷1階屋内広場にて開催した「三郷市×ギリシャ物産展」におきましては、多くの方にご来場いただきました。

 

普段目にすることが少ないギリシャ産食品がズラリ

三郷市の名産品、三郷市PRグッズも販売

 

ギリシャ共和国でなじみ深い魔除けのお守り「マティ」のクラフト体験は大人気!

  

三郷市食生活改善推進員協議会によるギリシャ伝統菓子(クラビエデス)配布を通じた食文化周知

 

 

 

「三郷市×ギリシャ物産展」開催概要

 東京2020大会後も三郷市のホストタウンであるギリシャ共和国との交流をさらに促進することを目的とし、下記のとおり「三郷市×ギリシャ物産展」を開催いたしますのでお知らせいたします。

 三郷市、三郷市ホストタウン交流実行委員会(豊田幹雄委員長)では、ららぽーと新三郷を含めた関係機関と連携のもと、ギリシャ共和国の魅力を紹介する「三郷市×ギリシャ物産展」を令和4年4月23日(土)ららぽーと1階屋内広場にて開催いたします。

 本催事では、三郷市及びギリシャ産品の販売をはじめ、ギリシャ共和国で親しまれている魔除けのお守り「マティ」のクラフト体験、東京2020大会やギリシャ共和国とのホストタウン交流に係る展示、三郷市食生活改善推進員協議会によるギリシャ伝統菓子配布を通じた食文化周知等を行いますので是非足をお運びください。


期日 令和4年4月23日(土)

     10時~18時

場所 ららぽーと新三郷 1階 屋内広場

内容 三郷市及びギリシャ産品の販売、クラフト体験、映像

(サイネージ)でのギリシャ紹介、東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレートーチ

  フォトコーナー、東京2020大会、ホストタウン交流に係る展示、三郷市食生活改善推進員協議   会によるギリシャ伝統菓子配布 等

出展者   ・ノスティミア

    ・㈱ケイアンドエム

    ・㈱カリメーラ

    ・茶房 蓬生(三郷名産品店会) 

    ・(一社)三郷市観光協会

    ・三郷市食生活改善推進員協議会(協力)

販売品 ギリシャ産オリーブオイル、はちみつ、ワイン、チーズなどのほか、ギリシャをテーマにした市内

    店舗のせんべい、観光協会におけるグッズ販売等

※掲載内容は予告なく変更となる場合がございます。

 

三郷市×ギリシャ物産展.pdf

 

ららぽーと新三郷ホームページ

https://mitsui-shopping-park.com/lalaport/shinmisato/event/2140864.html

 

過去開催の様子

 

【問い合わせ】

企画調整課

ホストタウン交流推進係

048-930-7829