アドバンス・ケア・プランニング(ACP)

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

これからの治療・ケアについて話し合ってみませんか

「もしものこと」を考えたり、誰かと話をしたことはありますか?

三郷市では、市民の皆さまが住み慣れた地域で生き生きと暮らし続け、最期を迎えられるよう、
在宅医療・介護が協働して資源の開発や連携づくりを進めています。
その一環として、「人生の最期をどうありたいか」を考えるきっかけにしていただければと、
市民講演会を開催してきました。

アドバンス・ケア・プランニング(ACP)とは、万が一のときに備えて、今までの人生のこと、大切にしていること、治療やケアの望み等について、信頼できる人たちと繰り返し話し合ったりすることをいいます。

話し合いをしておけば、万が一自分の気持ちを話せなくなった時、ご家族やご友人の判断を支えるかけがえのないものになります。

11月30日は「人生会議の日」

アドバンス・ケア・プランニング(ACP)の愛称を「人生会議」とし、
11月30日(いい看取り・看取られ)を「人生会議の日」と決定されました。
平成30年11月30日 厚生労働省

誰でも、いつでも、命に関わる大きな病気やケガをする可能性があります。

命の危険が迫った状態になると、
約70%の方が、医療やケアなどを自分で決めたり
望みを人に伝えたりすることが、できなくなる
と言われています。

自らが希望する医療やケアを受けるために大切にしていることや望んでいること、
どこでどのような医療やケアを望むかを
自分自身で前もって考え、周囲の信頼する人たちと話し合い、
共有すること
が重要です。

人生の最期の時をどのように過ごしたいか、ご家族など大切な方たちと話し合ってみませんか。


【参考】厚生労働省

【参考】神戸大学「これからの治療・ケアに関する話し合い‐アドバンス・ケア・プランニング‐」(平成29年度厚生労働省委託事業 人生の最終段階における医療体制整備事業)