日本一の読書のまち三郷

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替





 


©三郷市2017
日本一の読書のまち三郷
変わりゆく三郷
子育てのまち三郷
すこやかみさと健康情報

第2次日本一の読書のまち推進計画を策定しました

 


<計画策定の背景>

 三郷市は、平成25年3月18日に三郷市議会の議決を経て

「日本一の読書のまち」を宣言したことに伴い、乳幼児から

高齢者までのすべての市民を対象とする読書推進方策として

「日本一の読書のまち三郷推進計画」(計画期間:平成28年度~

令和2年度)を策定しました。計画策定から5年が経過し、計画

期間が満了となったため、これまでの成果、課題を精査し、更なる

読書活動の推進を目指した新計画を策定いたしました。

 今計画では新たに『日本一「本とふれあえるまち」』をキャッチ

フレーズにするとともに、計画の進捗状況を把握するため、三郷市

独自の数値である「読書密度」を設定いたしました。

 今後はこの読書密度の上昇を目指してまいります。

(読書密度に関する説明は計画の本編または概要版をご覧ください)

 

 

 

 

 

 

 


三郷市の読書活動の応援団長であるノンフィクション作家の柳田邦男先生から

応援メッセージをいただきました。(メッセージの内容については計画書の本編をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


   第2次日本一の読書のまち三郷推進計画(令和3年度~令和7年度)

 

   概要版はこちら

ふれあいブックワゴンがデビュー!

ふれあいブックワゴンは図書館をより身近に感じていただくため、小型ステーションワゴンに三郷市のキャラクター「かいちゃん、つぶちゃん」のラッピングをして、市内をめぐるためにやってきました。

「ふれあいブックワゴンカテゴリ」ではふれあいブックワゴンの日々のできごとをご紹介していきます。

11月20日(金曜日)ふれあいブックワゴンが上口保育所を訪問して、絵本の貸出とお話し会を行いました。

この日がふれあいブックワゴンのデビューでしたので、三郷市長、教育長に来ていただきました。

そして保育所のみなさんと記念写真を撮りました。かいちゃん、つぶちゃんもいっしょに写っています。

記念写真

おはなし会

これからふれあいブックワゴンを見かけたら、やさしく見守ってください。よろしくお願いします。

 

図書館ブログもご覧ください。☞こちら

 

みさと秋の読書まつり2020を開催しました

①教えてあなたの大好きな本

リアル&ウェブ

応募期間は終了いたしました。

たくさんのご応募ありがとうございました。

結果は こちらから

②本に関する日本一のほのぼの写真展

ウェブ

投稿期間は終了いたしました。

たくさんの投稿ありがとうございました

写真展は こちらから

 


 

ふれあい文庫第4弾!



市内4か所目となる「ふれあい文庫」が誕生しました。
今回は、ネッツトヨタ東埼玉マイネッツ三郷店で、初の民間施設への設置となります。
この「ふれあい文庫」の特徴は、気軽な気持ちで読めるよう返却期間がなく、
貸出し簿等もありません。さらに寄贈本の紹介メッセージと読後の感想などが
記入できるよう工夫してあり、本と人、そして、人と人との心をつなぐといった
願いが込められています。

今後も市内各所へ魅力ある「ふれあい文庫」を設置したいと考えております。


三郷中央駅前のマイネッツ三郷店の外観



店内のカフェの様子


今回設置したふれあい文庫



そのほかのふれあい文庫についてはこちらから





「平成30年度全国広報コンクール」広報企画部門で入選を受賞しました!


「平成30年度全国広報コンクール」広報企画部門で、「私たちのまちは『日本一の読書のまち三郷』です」をテーマにした三郷市が入選を受賞しました。内容は、平成28年度実施の「みんなのしおりアート」と、市民参加で決定した「日本一の読書のまち三郷ロゴマーク」の2つの事業とそのプロセスを追ったPR動画の制作という一連の企画を紹介するものです。

みんなのしおりアート
心に響いた文中の一節や、おすすめの本の題名などをしおりに書き、そのしおりをつなげて一つの大きな絵にしました。計1,728枚のしおりで描き出したのは、三郷市を舞台にマスコットキャラクターが活躍する絵本『かいちゃんとつぶちゃんとひっこしてきたさつきちゃん』の一場面。完成した作品は市HPで公開すると同時に、平成29年度まで市内の各図書館、文化会館等の公共施設、大型商業施設等で巡回展示を行いました。

しおりアート

みんなのしおりアートについてはこちらから

日本一の読書のまち三郷ロゴマーク
「日本一の読書のまち」を端的に表すブランドステートメント(ロゴマーク)を制作しました。複数の案のうち、市民による11,952票の投票により、最多得票となったデザインに決定。選ばれたデザインをプリントしたトートバッグを制作し、読書フェスティバル参加者の記念品にしました。

日本一の読書のまち三郷ロゴマークについてはこちらから


PR動画
「みんなのしおりアート」、「ロゴマーク」の2つの事業を実施する過程を撮影し、「日本一の読書のまち三郷」をPRする動画を制作しました。聴覚に障がいのあるかたや、母語が日本語でないかたなど多様性にも配慮し、字幕付(日本語・英語)と字幕なしの計3種類を制作しました。



PR動画はこちらから



かいちゃんつぶちゃんが登場する絵本ができました!

絵本特設サイトもあります
みなさんから募集した似顔絵イラストや、
デジタル絵本もここでみれますので、ぜひご覧ください♪   
     
特設サイトはこちらから★

http://www.city.misato.lg.jp/ehon/                       

問い合わせ先   日本一の読書のまち推進課 930-7818

「日本一の読書のまち三郷推進計画」を策定しました

<計画策定にあたって>
三郷市は、平成25年3月18日に三郷市議会の議決を経て、
「日本一の読書のまち」を宣言しました。本計画は、第4次三郷市総合計画リーディングプロジェクト、「日本一の読書のまち宣言」、「子どもの読書活動の推進に関する法律」、「子どもの読書活動の推進に関する基本的な計画」、「読書のまち三郷・子ども読書活動推進計画(平成23年度~平成27年度)」を受け、乳幼児から高齢者までのすべての市民を対象とする読書推進方策として位置づけるものです。

「日本一の読書のまち三郷推進計画」(平成28年度~平成32年度)
  (概要版はこちら)

日本一の読書のまち三郷「きらりきらきら読書だより」

「日本一の読書のまち三郷」の推進のための学校や図書館の取り組みを毎月紹介し、読書を取り巻く様々な話題を発信しています!

三郷市の取り組み

市では、乳幼児期から高齢者まですべての市民の皆さんが読書に親しむことができるよう「日本一の読書のまち三郷推進計画」を策定しました。
家族の絆を深める家族読書「家読(うちどく)」の推進、ブックスタート事業、公共図書館での講座やイベント、文学講演会や学校読書活動の発表を中心とした読書ウィークの開催など、様々な取組を行っています。

図書館の取り組み

早稲田図書館自動貸出機図書館では、図書館をもっと利用しやすい施設にするよう、蔵書検索や特集コーナーの設置などを行い、利便性の向上を図り、市民の皆さんに本の楽しさを伝える取り組みを行っています。市立図書館に続き早稲田図書館も自動貸出機が導入されました。利用者ご自身で素早く貸出し手続きができます。
図書館ウェブサイトは
こちら↓
三郷市図書館リンクバナー

学校の取り組み

学校のブックストリート学校では、学校読書活動推進計画に基づき、朝読書や本の展示の工夫(ブックストリート)に取り組んでいます。

また、読書のまち三郷推進資料として「言葉の力」を独自編集し、さまざまな場面で活用されています。

各種イベント

各種講演会では、作家さんや読書関連の取組みに精通する講師の方をお呼びし、貴重なお話をいただいています。また、ららほっとでの読み聞かせ会や、市主催の講座等、乳幼児から大人までが楽しめる様々なイベントを行っています。