国民健康保険の加入・脱退について

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

国民健康保険の加入・脱退について

以下のような場合には、14日以内に手続きをしてください。

手続き場所

国保年金課保険税係(本庁舎1階6番窓口)
みさと団地出張所

国民健康保険の届出には個人番号(マイナンバー)が必要です

国民健康保険の手続きにおいて、届出書や申請書に個人番号(マイナンバー)の記載と本人確認が必要になります。

届出の際、次の2つの書類をお持ちください。
・個人番号(マイナンバー)のわかるもの
・窓口に来られる方の本人確認ができるもの

個人番号(マイナンバー)をご記入いただく手続きには、他人のなりすましなどを防止するため本人確認を行います。運転免許証やパスポートなど、本人確認ができる書類をお持ちください。

国民健康保険への加入

国民健康保険の加入日は、国民健康保険の資格が発生した日(他の保険を離脱した日または転入日)です。窓口で届出をした日ではありません。国民健康保険税は加入月からの月割計算になります。
※いずれも本人確認できるもの、印かん、個人番号(マイナンバー)がわかるものをお持ちください。

こんなとき 手続きに必要なもの
他の市区町村から転入したとき 転出証明書
(※外国籍のかたが加入するとき:在留カード・特別永住者証明書)
職場の健康保険を脱退したとき 職場の健康保険を脱退した証明書
職場の健康保険の被扶養者からはずれたとき 被扶養者からはずれた証明書
子どもが生まれたとき 保険証、母子健康手帳
生活保護を受けなくなったとき 保護廃止決定通知書

(参考)
国民健康保険に加入する場合
退職後の健康保険について

国民健康保険からの脱退

※いずれも本人確認できるもの、印かん、個人番号(マイナンバー)がわかるものをお持ちください。

こんなとき 手続きに必要なもの
三郷市から転出するとき 保険証
職場の健康保険に加入したとき
被扶養者になったとき
国保と職場の健康保健の両方の保険証
(後者が未交付の場合は加入したことを証明するもの)
国保の被保険者が死亡したとき 保険証、死亡を証明するもの
生活保護を受けるようになったとき 保険証、保護開始決定通知書
外国籍のかたが帰国又は転出するとき 在留カード・特別永住者証明書

(参考)
社会保険に加入した場合

その他の切り替え

※いずれも本人確認できるもの、印かん、個人番号(マイナンバー)がわかるものをお持ちください。

こんなとき 手続きに必要なもの
市内で住所が変わったとき 保険証
世帯主、氏名などが変わったとき
世帯が分かれたり、いっしょになったとき
出稼ぎや、長期の旅行に行くとき
修学のため、別に住所を定めるとき 保険証、在学証明書
保険証をなくしたとき
(あるいは汚れて使えなくなったとき)
本人確認書類(使えなくなった保険証など)