70歳以上75歳未満のかたの医療制度

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

 三郷市の国民健康保険に加入している70歳以上75歳未満のかたには、負担割合を明記した「国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証」(以下「保険証兼高齢受給者証」)を交付します。
  これまでの「高齢受給者証」は令和4年8月より廃止いたしますので、医療機関にかかる際には「保険証兼高齢受給者証」をご使用ください。

 

保険証兼高齢受給者証

 「保険証兼高齢受給者証」の適用は、70歳の誕生日の翌月(1日が誕生日のかたは誕生月)からです。
誕生月の月末(1日生まれのかたは前月末)に「保険証兼高齢受給者証」を送付します。
 「保険証兼高齢受給者証」には一部負担金の割合が記載されていますので、ご確認ください。

窓口での一部負担金の割合

 自己負担割合は、国民健康保険に加入している70歳以上75歳未満のかたの住民税課税所得で判定します。

基準 負担割合
下記以外の場合      2割        
住民税課税所得が
145万円以上 のかたが
いる場合 ※1
     3割

 ※1 住民税の課税所得が145万円以上でも、下記のいずれかの場合は、申請により2割の判定となる場合があります。

    ただし、市で収入金額等の全てを確認できたときは申請によらず職権で2割とします。

  • 国民健康保険に加入している70歳以上75歳未満のかたの人数が
    • 1人の場合……………収入金額が383万円未満
    • 2人以上の場合………収入金額の合計が520万円未満
  • 世帯に旧国保被保険者のかたがいる場合…収入金額の合計が520万円未満
    (※旧国保被保険者とは…国民健康保険から後期高齢者医療制度へ移行したかた)